ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

えせ同和行為対策

えせ同和行為対策について

 「えせ同和行為」とは、「同和問題」を口実にして、不当な利益や義務のないことを要求する行為をいいます。
「同和問題」とは、日本社会の歴史的発展の過程で形づくられた身分的制度によって、今なお、生まれ育った地域によって、就職や結婚などにおいて不当に差別され、基本人権を侵害されるという、解決すべき重要な人権問題の一つです。


 「えせ同和行為」は、この「同和問題」の解決を妨げる、許されない行為です。最も大切なことは、「えせ同和行為による不当な要求は断固として拒否する」という一人一人の姿勢や取り組みです。


 県では、「えせ同和行為」の対応についての新しいパンフレットを作成し、配布しています。このパンフレットでは、えせ同和行為に対しての対応について説明し、また、警察・弁護士会からのアドバイス、えせ同和行為の実態、対応事例なども掲載しています。えせ同和行為を排除して、一日も早く同和問題を解決するためにも、是非ご活用ください。

 

◎パンフレットの内容(PDF版)


「表・裏表紙」(PDF:287KB)
「突然、あなたに・・・」(PDF:134KB)
「目次」(PDF:67KB)
「えせ同和行為とは(P1-P2)」(PDF:420KB)
「行政とえせ同和行為(P3)」(PDF:251KB)
「企業とえせ同和行為(P4)」(PDF:196KB)
「対応の心得(P5-P14)」(PDF:1,927KB)
「警察・弁護士からのアドバイス(P15-P18)」(PDF:867KB)
「えせ同和行為の実態(P19-P20)」(PDF:326KB)
「対応事例集(P21-P30)」(PDF:1,840KB)
「困ったときは、ここに相談を(P31-P32)」(PDF:307KB)

 ・全ページ一括ダウンロードはこちら(PDF:6,388KB)

 

adobe(外部サイト)

PDFファイルの閲覧にはAdobeReaderが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobeReader(外部サイト)をダウンロード(無償)してください。