ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

教員免許更新制について

平成19年6月の教育職員免許法の改正により、平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されました。

教員免許更新制の基本的なポイントは次の4つです。
(1)更新制の目的は、その時々で教員として必要な最新の知識技能を身につけること。
(2)平成21年4月1日以降に授与された教員免許状に10年間の有効期間が付されること。
(3)2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要となること。
(4)平成21年3月31日以前に免許状を取得した者にも、更新制の基本的な枠組みを適用すること。

教員免許更新制に関する情報は、文部科学省ホームページでご覧になれます。

文部科学省からの教員免許更新制に関するお知らせ<外部サイト>

<解説>教員免許更新制のしくみ<外部サイト>

教員免許更新制Q&A<外部サイト>

ケース別手続きフローチャート<外部サイト>

修了確認期限をチェック<外部サイト>

更新講習開設情報<外部サイト>

現職教員の方々へ<外部サイト>

国公私立の学校を設置、管理する方々、学校長、園長の方々へ<外部サイト>

現在教員として勤務していない教員免許状所持者の方々へ<外部サイト>

教員を目指す方々へ<外部サイト>

教員免許更新制ハンドブック<外部サイト>

教育職員免許法施行規則、免許状更新講習規則、通知等<外部サイト>

 

岐阜県教員免許状更新講習事務局ホームページ<外部サイト>
 「岐阜県教員免許状更新講習」
岐阜県の学校に勤務する教員の方が最新の知識技能を身につけることができるように、岐阜県内の大学・短期大学等及び教育委員会(14機関)が連携・協力を行い、教員免許状更新講習を開設しています。本更新講習は、岐阜県の教員の方はもちろん、その他の方も受講することができます。