ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

稲荷遺跡耳皿

遺跡名

稲荷遺跡

 

所在地

揖斐郡大野町六里

 

時代

古代

 

種類

灰釉陶器・ロクロ土師器

 

出土状況

SI1(竪穴建物)

 

灰釉陶器耳皿

耳皿とは、口の部分が内側に折り曲げられた形の皿で、伊勢神宮では今でもこの形の皿が、箸置きとして使用されています。稲荷遺跡では、同じ耳皿でも種類が違う土器が見つかりました。
写真上は、平安時代の灰釉陶器で、上面の緑色は灰を主成分とする釉薬が掛けられた部分です。写真下は素焼きで、ロクロで成形されていることから「ロクロ土師器」と呼ばれています。

【灰釉陶器】
口径:10.0cm土師器耳皿
底径:4.4cm
器高:2.0cm
【ロクロ土師器】(遺物包含層出土)
口径:8.9cm
底径:4.7cm
器高:3.1cm

 

 

 

 

 

遺物紹介へもどる