ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

稲荷遺跡須恵器大甕

遺跡名

稲荷遺跡

 

所在地

揖斐郡大野町六里

 

時代

古代

 

種類

須恵器

 

出土状況

SI5(竪穴建物)

 

須恵器

竪穴建物の埋土上面から出土しました。潰れた状態で見つかり、底部を欠くものの、ほぼ完全な形に復元できました。古代の美濃須衛窯(各務原市周辺)産の甕の内面にみられる同心円状の当て具痕がなく、愛知県の猿投窯でつくられた製品と考えられます。

口径:34.0cm
底径:不明
器高:47.7cm(残存値)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺物紹介へもどる