ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

本巣市立席田小学校出前授業報告

実施日

平成30年6月1日(金)

授業者

学級担任、センター職員(2名)

受講者

本巣市立席田小学校6年生2学級51名

授業のねらい

「席田小周りの昔の人々のくらし」
地域で出土した遺物を実際に見たり触れたり説明を聞いたりすることで地域の歴史に興味関心をもち、この地域をこれからも大切にしていこうとする気持ちをもつことができる。

授業の様子

教科書で学んだ歴史を自分たちの住んでいる地域に重ねて学ぶため、学校近くの遺跡から出土した遺物を使って学習しました。児童は、席田小学校の北側に広がる「上保本郷遺跡」で出土した山茶碗や土師器皿、砥石などを観察したり、手に取って触れたりしながら、どのように使われていたかを考えました。また「上保岩坪古墳」から出土した副葬品を観察し、小さなガラス玉のカラフルさや美しさに感心していました。最後には上保本郷遺跡の発掘調査の様子について映像資料を通して学び、自分たちが住んでいる地域に暮らしていた昔の人々に思いをはせる時間となりました。
出前授業の様子1

 

出前授業の様子2

 

 

出前授業の案内に戻る