ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

海津市立吉里小学校出前授業報告

実施日

平成30年5月11日(金)

授業者

教科担任、センター職員(1名)

受講者

海津市立吉里小学校6年生1学級14名

授業のねらい

「古墳時代の文化」

弥生土器と須恵器の比較や古墳からの出土品を観察することを通じて時代の移り変わりを知り、社会科の学習を深めることができる。

授業の様子

弥生土器と須恵器の破片を児童に配布し、土器の色、厚さ、調整などの違いを意見交流して、土器づくりの変化に気づくことができました。発掘調査で出土した完形の土器を手に取り、同じ弥生土器でも重さが異なる様子に驚いていました。授業の最後には、学校や自宅周辺の城跡を遺跡地図で確認して、ふるさとの歴史に目を向けるきっかけとなりました。

吉里小出前授業の様子1

吉里小出前授業の様子2

 

出前授業の案内にもどる