ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年度「岐阜県発掘調査報告会」を開催しました

概要

 平成29年10月21日(土)、岐阜県図書館(岐阜市)において「岐阜県発掘調査報告会」を開催しました。ふるさと岐阜の歴史を語る上で注目すべき発見となった3件の発掘調査成果の報告と、遺跡から出土した遺物の展示を行いました。
当日は、多数の方々にご参加いただきました。報告者の説明を聞いてメモをされる姿や、遺物展示で職員に質問される姿など、ふるさと岐阜の歴史や地域の埋蔵文化財に対する関心の高さを感じました。

事例報告の遺跡

・報告1:大野町六里遺跡(ろくりいせき)・稲荷遺跡(いなりいせき)
(岐阜県文化財保護センター長谷川幸志)
・報告2:瑞浪市桜堂遺跡(さくらどういせき)
(瑞浪市教育委員会砂田普司)
・報告3:可児市大萱古窯跡群(おおがやこようせきぐん)
(可児市教育委員会長江真和)

 

事例報告のようす

事例報告

 

 

遺物展示のようす

遺物展示

 

 

当日配布資料

当日配布資料はこちらからダウンロードできます

 

平成29年度岐阜県発掘調査報告会発表資料(PDF:5.5MB)

 

イベントファイルに戻る