ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

政田仙道上遺跡の整理等作業を進めています

 政田仙道上遺跡(まさだせんどううえいせき)は本巣市政田に所在する遺跡で、平成27年度と平成29年度に発掘調査を行いました。複数の溝によって区画された発掘区内で、掘立柱建物や柵、井戸、柱穴、土坑などの遺構を確認し、主に中世後期の遺物が出土しました。現在は、出土遺物の補強・復元作業や実測作業などを行っています。

 

井戸の様子

板組(いたぐみ)井戸の様子(平成27年度調査)

 

補強作業

遺物の補強作業の様子

 

 政田仙道上遺跡では、土師器皿が多く出土しています。下の写真のように、様々な大きさや形のものがあります。

土師器皿

 

 また、多くの陶器が出土しており、種類も豊富です。下の写真は、上が擂鉢(すりばち)、下が卸
皿(おろしざら)で、2点とも室町時代のものです。灰色の部分は、補強を施した箇所です。

擂鉢、卸皿

 

 

 

センター調査だよりにもどる