ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成28年(2016)年12月18日「埋もれた水田~今宿遺跡展~」の展示解説を行いました

平成28年12月16日(金)に、大垣市スイトピアセンター文化会館において、大垣サテライト展示の展示替えを行いました。今回のテーマは、「埋もれた水田~今宿遺跡展~」です。

 

 

会場風景

会場の様子

 

見学風景

見学者の様子

 

本展示の開催に伴い、12月18日(日)に展示会場において、展示内容についての解説を行いました。展示解説は10:00からと12:30からの2回実施し、いずれの回も多くの方に参加いただきました。

 

今回の展示では、古墳時代から明治時代にかけての水田の移り変わりについての資料と、各時代の水田から出土した遺物を展示していますが、その中でも特に、水田に残された足跡に関わる展示に大きな関心が寄せられていました。足跡の石膏型をじっくりと観察しながら、「足跡の主はどんな人だったのだろう」、「どんな作業をしていたのだろう」と、先人の姿に思いを馳せる姿が多く見られました。

 

足跡の石膏型以外にも、彩色が施された鳥形木製品や、畦の下から出土した完形の土器等、魅力的な遺物を数多く展示しています。平成29年3月31日(金)まで展示していますので、ぜひたくさんの方にご覧になっていただきたいと思います。

 

展示解説風景

展示解説の様子

 

足跡の石膏型と鳥形木製品

足跡の石膏型と鳥形木製品の展示の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センター調査だよりに戻る