ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

六里遺跡で古墳時代の溝や竪穴建物が見つかりました

 5月上旬から始まった六里遺跡(大野町)の発掘調査で、古墳時代の集落跡が見つかりました。溝では、埋まった土を除去すると底から土師器や須恵器、礫などが見つかりました。また、竪穴建物ではカマドを確認しました。カマドの内面からは火を焚いた痕跡である赤く変色した土や炭化物が見つかったほか、カマドの周辺から土師器が出土しました。
六里遺跡の溝
溝からの遺物出土状況
カマドの遺物出土状況 
カマド周辺からの遺物出土状況

 

センター調査だよりにもどる