ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大垣サテライト展示「くらしの道具~今宿遺跡展~」が始まりました。

 平成29年4月13日(木)に、大垣市スイトピアセンター文化会館において、大垣サテライト展示の展示替えを行いました。

会場のようす

 会場の様子

 

 今回の展示では、「くらしの道具~今宿遺跡展~」をテーマに、弥生時代から古墳時代にかけての衣食住に関わる遺構遺物を紹介しています。当遺跡の建物に使われた木の種類の特徴や、県内では珍しい周堤(しゅうてい=竪穴(たてあな)の周囲に土手状に盛られた土)をもつ竪穴建物などについて説明するとともに、煮炊きや盛り付けに使われた土器、機織り(はたおり)関連の木製品、建物の柱や梯子(はしご)等の建築部材、石器など、衣食住に関わる遺物を展示しています。

出土した土器と建築部材

 建物から出土した土器と建築部材

 本展示の開催に伴い、4月22日(土)に、当センター職員による解説を10:00からと13:00からの2回実施します(無料)。ぜひ、会場に足をお運び下さい。

 

センター調査だよりに戻る