ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

国史跡高山陣屋(公式ホームページ)

>>English >>中文


Homeホーム AboutTakayamaJinya高山陣屋について Informationご利用案内 Eventイベント情報 Accessアクセス


 

高山陣屋について

高山陣屋

フォトギャラリー

 

 

高山陣屋のはじまり

 元禄5年(1692年)に、それまで飛騨を支配していた金森氏が、江戸幕府の命令で出羽国(現在の山形県と秋田県の一部)の上山に国替え(配置転換)となりました。そして江戸幕府は、飛騨を幕府が直接支配する「幕府直轄領」(幕府領・幕領)とし、幕府支配の出張所(出先機関)として役所が置かれ、のちに陣屋と呼ばれるようになりました。

 

 

陣屋とは

 江戸時代に郡代・代官が治政を行った場所で、御役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して陣屋と呼びます。

 飛騨代官は安永六年(1777)に飛騨郡代に昇格し、他の郡代役所(関東・西国・美濃)と並んで幕府の重要な直轄領となりました。

 幕末には全国に60数ヵ所あったと言われている郡代・代官所の中で、当時の主要建物が残っているのはこの高山陣屋だけです。

 全国で唯一建物が現存する遺跡で、昭和4年(1929)には国史跡に指定されました。

 

 

直轄領に至るまで

 直轄領とは、江戸幕府直轄地で、幕府の経済的基盤をなした領地を言います。

 幕府は天正十四年(1586)から金森氏が6代(106年間)にわたり支配してきた飛騨の国に着目し、元禄五年(1692)に直轄領としました。その理由は、豊富な山林資源(木材)と地下資源(金(きん)・銀・銅・鉛)であったと言われています。

 

 

高山陣屋の推移

 高山陣屋は、高山城主金森家の下屋敷(向屋敷)として使われていましたが、直轄領となってからは陣屋として代官や郡代がここで飛騨の政治を行いました。以来、慶応四年(1868)に至るまで176年間、江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣して飛騨の国を支配してきました。

 明治維新以後、高山陣屋の建物は高山県庁舎等として使用されました。

 昭和44年(1969)に飛騨県事務所が移転した後、岐阜県教育委員会は高山陣屋の保存へと乗り出し、足かけ16年の歳月と、約20億円という費用をかけて、平成8年3月に修復・復元が完成しました。

 こうして江戸時代の高山陣屋の姿がほぼ再現されたのです。

 

 

▲トップへ戻る

Homeホーム AboutTakayamaJinya高山陣屋について Informationご利用案内 Eventイベント情報 Accessアクセス


>>English >>中文