ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

根尾谷断層[ねおだにだんそう]

■分類 特別天然記念物
■指定別
■所在地 本巣市根尾水鳥根尾中
■所有者 本巣市
■指定年月日

昭和2年6月14日

特天昭和27年3月29日

追加平成19年2月6日

■写真 根尾谷断層

 明治24年(1891)10月28日に濃尾地震が発生した。マグニチュード8.0と推定され、内陸直下型地震としては最大の規模であった。多くの地域で家屋の倒壊、火災が起こり、多数の死傷者を出した。

 この地震は、福井県池田町野尻から岐阜県可児市帷子までの約80kmにわたってのびる根尾谷断層が活動したために起こったものである。この地震によって本巣市根尾水鳥地区に北西から南東方向に約1km以上にわたって生じた断層崖は、「根尾谷断層」として、昭和2年(1927)に天然記念物、昭和27年(1952)に特別天然記念物に指定された。この断層崖は「水鳥の断層崖」とも呼ばれ、断層をはさんで約3m横へずれ、東側が垂直に6m隆起してできたものであり、日本はもとより世界的にも有名な断層崖の典型的な事例である。

 文化財の保存と活用を目的に、濃尾地震100周年記念事業の1つとして、平成3年(1991)から5年(1993)にかけて「地震断層観察館」「地下観察館」「地震資料館」がつくられた。地下観察館では、地表下8mまでの地層断面を約45度勾配の掘削面に露出させ、6mもの地層のずれを常時観察できるようになっており、この断層の規模や濃尾地震の大きさにあらためて驚異を感じるとともに、隣接する地震資料館を利用し、地震のメカニズムを科学的に学習することもできるようになっている。