ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

円空年譜

西暦 元号 年齢 事柄
1632年 寛永9 1歳 美濃国(岐阜県)に生まれる(貫前神社旧蔵『大般若経』奥書)。
*生地については羽島市上中町中との説が有力である。一説には加藤与左衛門の孫ともいう。俗名不明。
*円空の生誕については、現・郡上郡美並村とする説もある。
1654年 承応3 23歳 『近世騎人伝』によれば、この年某寺を出遁したと伝える。
1663年 寛文3 32歳 11月6日、岐阜県郡上郡美並村根村・神明神社の天照皇太神像など三体を造顕(棟礼)。これらの三体は現在までに発見された最初期像。
1664年 寛文4 33歳 9月、美並村福野・白山神社の阿弥陀像を造顕(棟礼および背銘)。12月、同村勝原・子安神社の諸像を造顕(棟礼)。
1666年 寛文6 35歳 1月26日、津軽藩弘前城下を追われる。次いで青森を経て松前に渡る(『津軽藩日記』)。
この年北海道を巡り、多数の仏像を彫り、次の在銘仏三体をのこす。
(1)六月吉日作広尾郡広尾町禅林寺の観音像(背銘)
(2)七月二十八日作洞爺湖観音堂旧蔵の観音像(背銘)
(3)八月十一日作寿都郡寿都町海神社の観音像(背銘)
1669年 寛文9 38歳 この年、名古屋市千種区田代町鉈薬師寺堂の諸像を造顕(『張氏家譜』『府城志』)。
10月18日、岐阜県武儀郡武儀町雁曽礼・白山三尊を造顕(棟礼)。
1670年 寛文10 39歳 11月、岐阜県郡上郡美並村黒地神明社の天照皇大神像を造顕(棟礼)。
1671年 寛文11 40歳 春、美濃加茂市下廿屋にて馬頭観音を造顕(棟礼)。
7月15日、奈良法隆寺の巡尭春塘から「法相中宗血脈」を受ける(円空自筆同血脈写)。
この年、円空亡母33回忌の供養のため、生誕地の羽島市上中町に観音堂を建て、本尊十一面観音を造顕。
この年、現在岐阜県武儀郡洞戸村菅谷にのこる不動明王像を造顕。
1672年 寛文12 41歳 5月、岐阜県郡上郡白鳥町長瀧寺別当寺阿名院に十一面観音像をのこす。(『白鳥町史』資料編)
6月、同郡美並村半在八坂神社の牛頭天王像を造顕(棟礼)
1673年 寛文13 42歳 奈良県吉野郡天川村栃尾観音堂の諸像を造顕(本尊聖観音胎内納入紙片)。
1674年 延宝2 43歳 3月、三重県志摩郡志摩町片田・三蔵寺の『大般若経』六百巻を修復し、その扉に添絵54枚を描く(同寺旧蔵『大般若経』奥書)。
6月上旬から8月中旬に同郡阿児町立神薬師堂の『大般若経』を修復する。ここでも130枚の添絵を描きのこし、その62巻末尾に和歌「イクタビモタヘテモタツル法ノミチ九十六ヲク末ノ世マテモ歓喜沙門」と墨書する(同堂蔵『大般若経付属文書』)。
1675年 延宝3 44歳 9月奈良県吉野郡の大峯山で役行者像を刻む(背銘)。
1676年 延宝4 45歳 立春、名古屋市守山区・龍泉寺の馬頭観音像や千体仏などを造顕(馬頭観音像背銘)。
次いで、名古屋市中川区・荒子観音寺で、仁王像一対を刻み、その余材で千面菩薩など千数百体を造顕(浄海雑記)。
12月25日、『両頭愛染法』を書写し、荒子観音寺にのこす(浄海雑記)。
1679年 延宝7 48歳 6月15日、同日付の在銘仏三体に白山の神より託宣を受けたことを記し岐阜県郡上郡美並村にのこす(背銘)。
7月5日、「仏性常住金剛宝戒相承血脈」を滋賀県大津市園城寺の尊栄から受ける(円空自筆同血脈写)。
岐阜県羽島市・中観音堂蔵の護法神を造顕(背銘)。
1680年 延宝8 49歳 9月中旬、茨城県笠間市・月崇寺の「御木地土作大明神」像を造顕(背銘)。
1681年 天和元 50歳 4月14日、辰時群馬県富岡市(旧上野国一ノ宮)貫前神社にて大般若経を見終り奥書に貴重な墨書をのこす(同社旧蔵『大般若経』奥書)。
1682年 天和2 51歳 9月9日、栃木県日光の円観坊で十一面千手観音像を造顕(背銘)。
日光の高岳法師から「サラサラ童子法」「勤行祭礼之縁日」「七仏薬師一切秘法」等を受ける(円空自筆書写文書)。
1684年 貞享元 53歳 春、岐阜県武儀郡洞戸村・高賀神社に滞在し、漢詩を詠む(同神社蔵『詩歌集』)。
この年、「天台円頓菩薩戒師資相承血脈」を荒子観音寺住職円盛法印から受ける(円空愛用経本)。
12月25日、名古屋熱田神宮において「読経口伝明鏡集」を書写す(同経本墨書)。
1685年 貞享2 54歳 岐阜県大野郡丹生川村千光寺蔵円空作弁財天像三体を納めた厨子の扉内側に貞享二年五月吉祥日とあるのでこの頃飛騨滞在(厨子銘)。
1686年 貞享3 55歳 1月17日、羽島市狐穴・稲荷神社の御神体を造顕(厨子銘)。
3月、岐阜県大野郡丹生川村板殿にて不動像等を造顕(厨子銘)。
6月吉日、円空造顕の薬師像が同村板殿の薬師堂に祀られる(同堂鰐口銘)。
6月25日、長野県木曽郡南木曽町三留野・等覚寺境内に祀られている天神像を造顕(棟礼)。
8月12日、等覚寺において、弁財天并十五童子等を造顕(棟礼)。
1689年 元禄2 58歳 3月7日、滋賀県坂田郡伊吹町・太平寺にて、十一面観音像を造顕(背銘)。
8月9日、滋賀県大津市園城寺の尊栄大僧正から「授決集最秘師資相承血脈」を受ける(同血脈譜)。同日、同師から「被召加末寺之事」の書面を受け、自坊の関市池尻の弥勒寺が天台宗寺門派総本山園城寺内霊鷲院兼日光院末寺に召し加えられる(「被召加末寺之事」文書)。
1690年 元禄3 59歳 9月26日、岐阜県吉城郡上宝村金木戸にて、十一面観音など三体を造顕し、その内の今上皇帝像の背面に誓願の十万体造顕達成を記す(今上皇帝像背銘)。
1691年 元禄4 60歳 1月、歌集「熱田太神宮金渕龍王春遊に」を詠む(円空歌集)。
4月20日、益田郡金山町菅田薬師堂にて青面金剛神像を造顕(背銘)。
4月22日、益田郡下呂町小川にて青面金剛神像を造顕(背銘)。
5月8日、大野郡朝日村万石八幡神社蔵八幡大菩薩像を造顕(背銘)。
1692年 元禄5 61歳 4月11日、岐阜県武儀郡洞戸村・高賀神社で降雨を祈り大般若経を真読誦し、その願いを叶える(同社蔵懸仏銘)。
5月、「円空歌集」の一紙に「元禄五年壬申暦五月吉日」と書きのこす(円空歌集)。
1695年 元禄8 64歳 7月13日、弟子の円長に「授決集最秘師資相承血脈」を与える(同血脈書写文書)。
7月15日、盂蘭盆入定の素懐を遂げる(墓碑銘)。