ナビゲーションをスキップして本文へ

表示設定(使い方)
  • English
  • 中文
  • Portugal
  • Tagalog
広告欄
  • 防災・防犯
  • 環境
  • 教育・文化・スポーツ
  • くらし
  • 健康・福祉
  • 県土づくり
  • 産業・雇用
  • 県政の運営
ようこそ岐阜へ 観光・物産
携帯サイトで見る

ここから本文です。


トップ > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化財図録 > 県文化財図録 > 建造物 > 関市 > 日竜峯寺多宝塔[にちりゅうぶじたほうとう]
日竜峯寺多宝塔[にちりゅうぶじたほうとう]
■分類 重要文化財
■指定別
■所在地 関市下之保
■所有者 日竜峯寺
■指定年月日 明治34年3月27日
昭和38年2月13日(追加)
 日竜峯寺多宝塔
 大日山日竜峯寺は俗に高沢観音と呼ばれ飛騨街道から3kmもわけ入った幽すいな山境にある。古義真言宗高野派。
 塔は鎌倉中期の3間多宝塔で屋根は檜皮葺[ひわだぶき]、宝珠[ほうじゅ]までの総高さ14.7m、上重は漆喰でかためた円い亀腹[かめばら]の上にのるが、その四角い大きな屋根も高い相輪[そうりん]も全般的に均衡がよくとれており、その丹塗[にぬり]の色も環境とよく調和している。
 組物[くみもの]は四手先をつかい、その尾垂木鼻[おたるきばな]は木鼻とともに天竺様の深い繰形をつける。下重の中央間には散八双[ちりはっそう]をうった板扉をはめ左右の間は連子[れんじ]窓とする。縁は切目縁[きりめえん]で勾欄[こうらん]はない、組物は面取の出組とし垂木にも大面をとる。中備えの繰抜蟇股[かえるまた]はいい輪郭をもっている。
 内部は極彩色のあとがわずかずつ残り、天井は繊細な2重折上小組格天井[ごうてんじょう]になっている。

【問い合わせ先】
岐阜県庁11階
教育委員会社会教育文化課
TEL:058-272-8754,8756,8759 / FAX:058-278-2824
c17768@pref.gifu.lg.jp