ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成27年10月から車検時における自動車税納税証明書の提示が省略できるようになりました。

 岐阜県では、平成27年10月から、車検等(継続検査及び構造等変更検査)の際に提示が必要となる自動車税納税証明書の情報が運輸支局で

電子的に確認できるようになりました。

 これにより、運輸支局で納税証明書を提出しなくても、車検等の手続きができるようになります。

 

【注意事項】

 ※自動車税を納付後、すぐに車検等を受ける場合は、従来どおり納税証明書が必要です。

 自動車税を納付後すぐに車検等を受けられる方は、金融機関の窓口やコンビニ等でお支払いいただき、領収証書に添付の納税証明書を

 ご提示ください。(納付方法によっては、県税システムで納付が確認できるまでに最大2週間程度かかります。)

 ※自動車税が未納の場合は、これまでどおり納税証明書の発行ができません。

 ※都道府県によって納税確認の電子化の導入時期が異なります。4月1日時点で岐阜県内ナンバー以外の自動車については、該当の都道府県に

 お問い合わせください。

 ※軽自動車・二輪車はこれまでどおり納税証明書の提示が必要です。

 

 車検を依頼される場合、業者の方が確認されることがありますので、納税証明書は車検証と一緒に大切に保管してください。

 

 詳しくは、こちらのチラシ(自動車税納税確認の電子化チラシ(PDF:558KB))をご覧ください。