ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

豚の食肉の取扱いについて

 豚の食肉の生食については、E型肝炎ウイルス、食中毒菌及び寄生虫による危険性があることから、規格基準が設定され、平成27年6月12日から豚の食肉(内蔵を含む)を生食用として販売することが禁止となりました。

営業者の方へ

・豚の食肉を使用して、食品を製造、加工又は調理する場合は、中心部まで十分に加熱しなければなりません。

・飲食店で客が自ら調理するため、加熱していない豚の食肉を提供する場合は、コンロ等加熱設備を提供するとともに、中心部まで十分な加熱が必要である旨、案内をしなければなりません。

 「加熱用です」「調理の際に中心部まで加熱してください」「食中毒の危険性があるため生では食べれません」等をメニュー等に記載してください。

・豚の食肉を販売する場合には、加熱用であり調理の際に中心部まで加熱する必要がある旨等、客に情報提供しなければなりません。

 「加熱用です」「調理の際に中心部まで加熱してください」「食中毒の危険性があるため生では食べれません」等を掲示する等してください。

啓発用リーフレット(販売店掲示用)(747Kb)

啓発用リーフレット(飲食店掲示用)(762Kb)

消費者の方へ

・豚の食肉はすべて加熱用です。必ず中心部まで加熱してから食べてください。

・加熱前の豚の食肉から他の食材への汚染を防ぐため、その他の料理とは離して置き、調理器具も使い分けましょう。

啓発用リーフレット(1090Kb)

問い合わせ先

所属 生活衛生課
電話

直通:058-272-1986、058-272-8280
内線:2584、2564