ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

相談から解決まで/県の窓口に相談した場合

1最寄りの相談窓口で相談しましょう

 相談員が、借金や収入、家族、財産等の状況をお聞きして債務状況を相談カードに整理します。
※借入の状況(完済したものも含めて)がわかる資料を持参しましょう。
相談員が、債務整理の方法について概要をご説明し、最適と思われる解決方法をアドバイスします。
相談内容によっては、他機関を紹介することもあります。
債務整理を希望される場合は、法律専門家(弁護士、司法書士)をご紹介します。

 ◆最寄りの相談窓口はこちらでお探しください。

2法律専門家へ相談しましょう

 相談窓口で予約した日時に、相談カードを持って法律専門家へ相談に行きましょう。
初回の相談料は無料です。
法律専門家は、個人の事情に合った債務整理の方法を提案します。
ご自分に合った債務整理の方法をじっくり検討しましょう。

3債務整理の手続きを始めましょう

 ご自分で選択した債務整理の手続きを進めます。
法律専門家に依頼する方法と、自分で進める方法があります。
※債務整理の方法についてはこちら
債務整理の手続きを始めたことを消費者金融などの事業者へ通知すると、取り立てが止まります。

 ◆法律専門家に依頼する費用が心配だ、という方へ
法テラス(日本司法支援センター)では、弁護士・司法書士費用の支払いが困難な方に、費用を立て替える
民事扶助制度があります。
この制度の対象となるには一定の要件があります。詳しくは下記までお問い合わせください。

 法テラス岐阜(外部サイト)

4返済計画に沿って借金を返済しましょう

 債務整理により決められた返済計画に沿って、借金の返済を進めましょう。
気持ちに余裕ができたところで家計を見直し、今後の生活再建に向けて新しい一歩を踏み出しましょう。
必要があれば、福祉、就労等、各方面の支援を受けましょう。