ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

消防広域化重点地域の指定について

1指定地域

 県は、「岐阜県消防広域化推進計画」に定める岐阜地域ブロックのうち、平成28年2月25日付で指定済みの3市(岐阜市、山県市及び瑞穂市)に、本巣市及び北方町を加えた次の4市1町を消防広域化重点地域(※)として指定しました。

 〇岐阜市、山県市、瑞穂市(平成20年4月に岐阜市へ消防事務委託済み)、本巣市、北方町

 

※消防広域化重点地域について

 「市町村の消防の広域化に関する基本指針」(平成18年消防庁告示第33号)が平成25年4月に改正され、都道府県における措置を他の広域対象市町村よりも先行して集中的に実施することにより,自主的な市町村の広域化を着実に推進するため消防広域化重点地域の枠組みが設けられ、次に該当すると認めるものを都道府県知事が指定し、国・都道府県の支援を集中的に実施することとされました。

(1)今後、十分な消防防災体制が確保できないおそれがある市町村を含む地域
(2)広域化の気運が高い地域

 

2指定理由

広域化の気運が高い地域

 

 平成30年4月の広域化に向けた、4市1町による推進協議会の設置が予定されていることなど、高い気運が認められるため

 

3消防広域化重点地域指定のメリット

 消防の広域化に伴う消防防災施設等の整備について、消防防災施設整備費補助金及び緊急消防援助隊設備整備費補助金の交付の決定に当たり、特別の配慮が行われるほか、特別交付税措置や起債事業についての支援があります。

 

 

4指定日

平成28年10月27日

 

 

5県の支援

対象地域の消防の広域化が着実に進むよう、次の事項について支援してまいります

  1. 対象地域からの求めに応じた協議の場へのオブザーバー参加、助言
  2. 対象地域に対する相談対応、国等の情報提供
  3. 国からの情報の提供、国との連絡調整

 

6参考

広域化に関する資料やパンフレットが公開されています

 

市町村の消防の広域化に関する基本指針(改正平成25年5月消防庁告示第九号)【総務省消防】(外部サイト)
消防広域化推進関係資料【総務省消防庁】(外部サイト)