ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

事業内容

消防とは

消防は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第1条に定められているように、火災その他の災害から国民の生命、身体及び財産を守り、住民生活の安全を確保することを目的としています。

また、その責任は、住民に身近な自治体である市町村とされており<消防組織法第6条>、市町村においては消防行政が重要な位置を占めています。

消防業務を行うための市町村の機関には、「常備消防」と呼ばれる「消防本部」及びその下部組織である「消防署」と、「非常備消防」と呼ばれる「消防団」があります。

 

消防体系図

(出典)総務省消防庁HP


【常備消防である消防本部とは】

消防本部は、時代の進展、社会生活の複雑多様化にあわせて、消防団の活動だけでは対応できない消防業務に取り組むために、主に昭和40年代に入ってから順次設置されてきており、現在は、岐阜県内の全ての市町村において消防本部による消防業務が行われています。

消防本部には、常時対応できるよう職員が24時間体制で配置されており、消火・救急・救助・予防など専門的な消防活動を含む総合的な消防活動を行っています。消防活動を行う消防吏員には、時代に即応する専門家としての技術が、また消防本部及びその下部組織である消防署にはそれらを活かすことのできる施設や設備が求められています。

 岐阜県内の消防本部等連絡先一覧【PDF:175KB】


【非常備消防である消防団とは】

 消防団に関することは、こちらへ

消防に関するトピックス

○消防本部に関すること
消防の広域化
消防救急無線のデジタル化
岐阜県傷病者の搬送及び受け入れに関する基準(実施基準)について
岐阜県内における熱中症による救急搬送者数の状況
救急車の適正な利用のお願い
応急手当講習(AED使用法を含む)を受講しよう
岐阜県救急隊(消防隊)活動プロトコール(H28.3.9改訂)
○消防団に関すること
ぎふの消防団自分のまちを災害から守る
消防統計に関すること
消防関係者(団体)等の表彰に関すること
○火災予防に関すること
火災予防に関すること
住宅用火災警報器に関すること
防火管理者講習

岐阜県女性防火クラブ運営協議会

 ○概要

 ○空き缶コンロによる炊飯講習の取組(講習会資料含む)

 ○平成25年度指導者研修会を開催しました