ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県内市町村における財務書類の作成状況について

 県内市町村においては、現在、公会計(企業会計の考え方を反映させた財務書類4表(貸借対照表、行政コスト計算書、資金収支計算書、純資産変動計算書)の作成及び公表)の整備を進めています。

 このページでは、財務書類を公表している県内市町村のホームページアドレスを掲載しています。

<県内市町村>
町村
◆岐阜市(外部サイト) ◇土岐市(外部サイト)

◇岐南町(外部サイト)

◎北方町(外部サイト)

◇大垣市(外部サイト) ◎各務原市(外部サイト) ◇笠松町(外部サイト) ◇坂祝町(外部サイト)
◇高山市(外部サイト) ◇可児市(外部サイト) ◆養老町(外部サイト) ◇富加町(外部サイト)
◇多治見市(外部サイト) ◆山県市(外部サイト) ◇垂井町(外部サイト) ◇川辺町(外部サイト)
◇関市(外部サイト) ◆瑞穂市(外部サイト) ◇関ヶ原町(外部サイト) ◇七宗町(外部サイト)
◎中津川市(外部サイト) ◇飛騨市(外部サイト) ◇神戸町(外部サイト) ◇八百津町(外部サイト)
◇美濃市(外部サイト) ◆本巣市(外部サイト) ◇輪之内町(外部サイト) ◇白川町(外部サイト)
瑞浪市(外部サイト) ◇郡上市(外部サイト) ◇安八町(外部サイト) ◇東白川村(外部サイト)
◎羽島市(外部サイト) ◇下呂市(外部サイト) ◇揖斐川町(外部サイト) ◇御嵩町(外部サイト)
◇恵那市(外部サイト) ◇海津市(外部サイト) ◇大野町(外部サイト) ◇白川村(外部サイト)
◆美濃加茂市(外部サイト) ◇池田町(外部サイト)

 

(凡例)

◆基準モデル

◇総務省改訂モデル

□総務省方式

●独自モデル

◎統一的な基準

(無印は、ホームページで公表していない又は作成していない団体です。)

 

総務省ホームページ

 

(参考)「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針」(平成18年8月総務省通知抜粋・要約)

  • 地方公共団体は発生主義・複式簿記の考え方を導入し、連結ベースでの財務4表(貸借対照表、行政コスト計算書、資金収支計算書、純資産変動計算書)の作成に取り組むこと。
  • 都道府県、人口3万人以上の都市は2009年まで、町村や人口3万人未満の都市は2011年までに4表の整備又は4表作成に必要な情報の開示に取り組むこと。

 

※連結ベースでの財務書類とは、普通会計のほか、自治体を構成するその他の特別会計や、自治体と連携協力して行政サービスを実施している関係団体や法人を一つの行政サービス主体とみなして作成する財務書類です。

 連結のイメージ


<問い合わせ先>岐阜県清流の国推進部市町村課財政係TEL058-272-8119(直通)