ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

本人確認情報提供状況の開示について

はじめに

 住民基本台帳ネットワークシステムに保存されているご自分の本人確認情報が、「いつ」、「どこへ」、「何のために」国や県などの行政機関へ提供されたのかを確認することができます。

 

確認できる内容

  • 提供年月日
  • 機能区分(利用方法)
  • 利用事由
  • 提供事務区分
  • 提供元
  • 提供先
  • 提供された本人確認情報

 

 岐阜県で確認できるのは、岐阜県にお住まいの間の提供状況となります。(岐阜県以外にお住まいであった時期の提供状況は、岐阜県では開示の対象となりません。)

 平成15年10月1日以降に提供された情報に限ります。

 また、保存期間(行政機関等へ提供があった日から7年間)を経過した場合は、情報が廃棄されるため、確認できません。

 

開示請求の方法

本人確認情報提供状況の開示は、「岐阜県個人情報保護条例」に基づく開示請求となります。

 

請求窓口

個人情報総合窓口(岐阜県庁2階)

 

必要書類

本人が請求する場合

  • 個人情報開示請求書
  • 運転免許証や旅券など、本人であることを証明する書類

 

法定代理人の方が請求する場合

  • 個人情報開示請求書
  • 戸籍謄本等法定代理人の資格を証明する書類
  • 法定代理人が当該代理人自身であることを確認する書類

 

その他

 その他開示請求に関する詳細は、岐阜県の情報公開・個人情報保護のサイトをご覧ください。

 

開示の実施等

 開示請求に対しましては、後日開示・非開示の決定通知書を送付します。開示決定があった場合には、開示する日時及び場所を決定通知書でお知らせします。

 開示を受ける際には、決定通知書のほか、本人の場合は「運転免許証や旅券など、本人であることを証明する書類」、法定代理人の場合は「戸籍謄本等法定代理人の資格を証明する書類」及び「法定代理人が当該代理人自身であることを確認する書類」を持参ください。

 開示の際に本人確認をする必要がありますので、原則郵送での開示は行いません。