ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

査証欄増補申請

旅券1冊につき1回限り、査証欄を40ページ増やすことができます。

※査証欄最終ページの後ろにページを追加し、刻印します。これにより査証(ビザ)が無効になることがありますので、有効中の査証がある方は、あらかじめその国の大使館等に確認をしてください。
駐日外国公館リスト大使館等(外部サイト:外務省)

※査証欄増補申請は、新規申請切替申請記載事項変更旅券申請と同時に行うことができます。

※査証欄の余白がなくなった方は、残存期間を破棄して新しく旅券を作ることもできます(切替申請)

増補したページの余白がなくなった方は2回目の査証欄増補申請はできませんので、「切替申請」をしてください。

 

該当する方

  • 査証欄の余白がなくなった方
  • 頻繁に海外に渡航するため査証欄を増やしたい方

 

申請に必要な書類

1.一般旅券査証欄増補申請書…1通

  • 申請書は各旅券窓口にあります。
  • 申請者本人が記入しなければならない欄がありますので、ご注意ください。
  • 申請書は機械で読み取りますので、汚したり折り曲げたりしないでください。

 

            2.有効中の旅券

            • 必ずお持ちください。

             

            3.住民票

            • 原則不要(住基ネットで現住所を確認します。)。ただし、次の場合は住民票(発行日から6カ月以内でマイナンバーの記載のない原本)を提出してください。
              • 居所申請の場合
              • 住民票の異動直後に申請する場合
              • 住基ネットの利用を希望しない場合

             

            注意事項

            未成年者(20歳未満)等の申請について

            • 未成年者、成年被後見人の方は申請書の「法定代理人署名」欄に法定代理人(親権者、未成年後見人または成年後見人)の署名が必要です。

             

            代理提出について

            • 申請書類の提出は、代理人を通じて行うこともできます(居所申請を除く)。詳しくは「代理提出について」をご覧ください。
            • 代理提出の場合、代理提出者の本人確認書類が必要です。

             

            居所申請について

            • 岐阜県で申請できるのは、原則として岐阜県内に住民登録している方ですが、岐阜県外(海外を含む)に住民登録している方でも一定の条件を満たしている場合は、岐阜県で申請できます。なお、代理提出はできません。
              詳しくは「居所申請について」をご覧ください。

             

                旅券の受取りについて

                 

                旅券窓口