ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

切替申請

旅券の有効期間が1年未満になった場合等には、新しい旅券への切り替えができます。

この場合、お持ちの旅券の残存期間は新しい旅券に繰り越さず、旅券番号が変わります。

 

該当する方

  • 有効期間が残り1年未満になった方
  • 旅券の記載事項(氏名・本籍の都道府県名等)に変更があった方
    ※この場合は「記載事項変更旅券申請」をすることもできます。
  • 査証欄の余白がなくなった方
    ※この場合は「査証欄増補申請」をすることもできます。
  • IC旅券への切替を希望する方
  • 有効中の旅券を損傷した方
    ※損傷の程度により手続きが異なります。詳しくは「旅券を損傷した方」をご覧ください。

 

    • 海外赴任や留学などのために査証(ビザ)を取得する必要のある方は、旅券の有効期間が1年以上ある場合でも、事情を確認できる書類の提出により、新しい旅券に切り替えできる場合があります。詳しくは旅券窓口にお問い合わせください。

 

申請に必要な書類

1.一般旅券発給申請書…1通

  • 20歳以上の方(申請日現在)は10年用、5年用のいずれかを選択して申請できます。20歳未満の方は5年用のみの申請となります。
    ※申請日が20歳の誕生日の前日の場合は、20歳とみなされます。
    ※申請書は各旅券窓口にあります。
  • 申請者本人が記入しなければならない欄がありますので、ご注意ください。
    詳しくは「記入にあたっての注意事項と申請書記入例」(PDF:1402KB)をご覧ください。
    ※旅券の氏名表記はヘボン式ローマ字が原則です。詳しくは「氏名のローマ字表記について」をご覧ください。
  • 申請書は機械で読み取りますので、汚したり折り曲げたりしないでください。

 

2.戸籍謄本または抄本…1通

  • 発行日から6カ月以内の原本(市町村によっては、戸籍全部事項証明書、個人事項証明書となります。)
    ※複数枚のものは、切り離さずにお持ちください。
  • 成人の方で、旅券の記載事項(氏名・本籍の都道府県名等)に変更がない場合は省略できます。ただし、未成年者や別名併記初回希望の方は省略できません。
  • 旅券の記載事項に変更のある方は、変更事項が確認できる戸籍を提出してください。
  • 未成年者の方で、親権者と姓が違う場合や父または母が外国籍の場合は、戸籍謄本を提出してください。
  • 同一戸籍の複数の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で共用できます。

 

3.写真…1枚

  • 申請日前6カ月以内に撮影されたもの(ふちなしで縦45ミリメートル、横35ミリメートル)
    詳しくは「写真の規格について」をご覧ください。
  • 申請書に貼らずにお持ちください。また、写真に予備があればお持ちください。
  • この写真が旅券に直接転写されますので、必ず規格に合ったものをお持ちください。規格に合わない場合には、撮り直しをお願いすることがあります。

 

4.有効中の旅券

  • 本人確認書類も兼ねます。

 

5.住民票

  • 原則不要(住民ネットで現住所を確認します。)。ただし、次の場合は住民票(発行日から6カ月以内でマイナンバーの記載のない原本)を提出してください。
    • 居所申請の場合
    • 住民票の異動直後に申請する場合
    • 住基ネットの利用を希望しない場合

 

注意事項

未成年者(20歳未満)等の申請について

  • 未成年者、成年被後見人の方は申請書裏面の「法定代理人署名」欄に法定代理人(親権者、未成年後見人または成年後見人)の署名が必要です。

法定代理人が遠隔地にいて申請書に署名できない場合には、法定代理人が署名した「旅券申請同意書(PDF:60KB)」を提出してください。

  • 申請者の戸籍で親権者の氏名を確認できない場合は、親権者の戸籍が必要となることがあります。
  • 成年被後見人の方は、成年後見人の登記事項を確認するため「登記事項証明書」が必要です。なお、戸籍に成年後見人の記載がある場合は、戸籍を提出してください。

 

代理提出について

  • 申請書類の提出は、代理の方を通じて行うこともできます。詳しくは「代理提出について」をご覧ください。
    ※代理提出できない方
    • 居所申請の方
    • 申請書の「刑罰等関係」の「はい」に該当する方
    • 有効中の旅券の紛失・焼失、損傷を同時に届け出る方
    • 初めてヘボン式以外の氏名表記(長音表記を除く)や別名併記を希望する方
  • 代理提出の場合、申請者本人と代理提出者の本人確認書類が必要です。

 

居所申請について

  • 岐阜県で申請できるのは、原則として岐阜県内に住民登録している方ですが、岐阜県外(海外を含む)に住民登録している方でも一定の条件を満たしている場合は、岐阜県で申請できます。なお、代理提出はできません。
    詳しくは「居所申請について」をご覧ください。

 

旅券の受取りについて

 

旅券窓口