ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

定款変更関係提出書類

○定款の変更を行う場合
(「所轄庁の変更を伴わない事務所の所在地」「役員の定数」「事業年度」の変更など認証が不要な事項を除く)

 →所轄庁の認証が必要です。定款変更の前に、下記の「定款変更認証申請(所轄庁の変更を
伴わないもの)」
を提出してください。

定款変更認証申請(所轄庁変更を伴わないもの)

提出書類名 部数
1 定款変更認証申請書(Word) 1部
2 定款変更を議決した社員総会の議事録のコピー(Word) 1部
3 変更後の定款

3部

4 変更の日の属する事業年度及び翌事業年度の事業計画書(Word) 2部
5

変更の日の属する事業年度及び翌事業年度の活動予算書(Excel)

2部
*4及び5の書類は、特定非営利活動の種類及び事業の種類、その他の事業の種類とその他の
事業に関する変更のときのみ提出ください
*これらは、必ず総会で議決して頂き、2の定款変更を議決した議事録に、その旨記載してください。
(事業計画書及び活動予算書については、2年分の議決が必要です。)

 

○認証が必要ない事項の定款変更を行った場合

→定款変更後に、下記の「定款変更届出」を提出してください。

定款変更届出

提出書類名 部数
1 定款変更届出書 1部
2 定款の変更を議決した議事録のコピー 1部
3 変更後の定款 2部

※認証が必要な事項と届け出事項の両方を変更する場合には、「定款変更届出」と「定款変更認証申請」
の両方を別々に作成して提出しても、「定款変更認証申請」としてまとめて提出しても、どちらでもかまいません。

ただし、後者の場合、認証申請された定款全体を認証しますので、変更の効力が発生するのは、届出事項を含めて、

その認証を受けた日からとなります。

 

○所轄庁の変更を伴う定款変更を行う場合

 →変更後の所轄庁の認証が必要です。定款変更の前に、現在の所轄庁に下記の「定款
変更認証申請(所轄庁変更)」
を提出してください。

定款変更認証申請(所轄庁変更)

提出書類名 部数
1 定款変更認証申請書 変更後の
所轄庁に
確認して
下さい
2 定款変更を議決した社員総会の議事録のコピー
3 変更後の定款
4 役員名簿
5 確認書
6 直近の事業報告書等
(なお、当該書類が作成されるまでの間は事業計画書、活動予算書、財産目録)
7 変更の日の属する事業年度及び翌事業年度の事業計画書
8 変更の日の属する事業年度及び翌事業年度の活動予算書
*7及び8の書類は、特定非営利活動の種類及び事業の種類、その他の事業の種類とその他の
事業に関する変更のときのみ提出ください
※提出書類については、変更後の所轄庁の定めに従ってください