ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

フロン類の充填・回収を行う業者の方へ

★岐阜県において、第一種フロン類充填回収業者としてフロン類の充填又は回収業務を行う場合には、岐阜県知事の登録が必要です。

★登録業者は毎年度の充填回収量等の実績を年度終了後45日以内(5月15日まで)に県知事に報告する必要があります。

登録申請等及び充填回収量等報告の手引き(PDF:721KB)を参考にして、必要な手続き等を行ってください。

届出・申請等の窓口は最寄りの県事務所の環境課又は岐阜県庁環境管理課です。

 

第一種フロン類充填回収業者の登録等について

・岐阜県において、第一種フロン類充填回収業者としてフロン類の充填回収業務を行う場合には、事前に申請手続きを行って、岐阜県知事の登録を受けていただく必要があります。

・登録の有効期間は5年間です。有効期間満了までに、登録更新の手続きが必要です。

・登録事項に変更があった場合、30日以内に届出する必要があります

・岐阜県におけるフロン充填回収に係る業務を廃止した場合、30日以内に届出する必要があります。なお、当該年度(4月1日から廃止日まで)におけるフロン類充填回収量等の実績に係る報告書を、併せて提出してください。

 *第一種フロン類充填回収量報告(様式)

 

登録申請等の手引きと各種様式

登録申請等及び充填回収量等報告の手引き(PDF:721KB)

(参考)岐阜県収入証紙の取扱窓口

登録申請等の各種様式一覧

◆一つの申請で、複数の事業所を登録できます。登録する事業所ごとに、「事業所の名称及び所在地」、「回収の対象とする第一種特定製品の種類等及び回収しようとするフロン類の種類」、「充填の対象とする第一種特定製品の種類及び充填しようとするフロン類」、「フロン類回収設備の種類及び台数、能力」を申請してください。

 

第一種フロン類充填回収業者の充填・回収量報告について

・第一種フロン類充填回収業者は、下表の事項について、記録を作成し5年間保存しなければなりません。なお、この記録は電磁的方法により作成し、保存することができます。

・第一種フロン類充填回収業者は、前年度におけるフロン類充填回収量等の実績について、年度終了後45日以内に、知事に報告しなければなりません。

・特定製品の廃棄時及び修理・整備時におけるフロン類充填回収量を記入し、充填回収量がない場合でも「0」と記入して報告してください。

 

回収したフロン類の適正な処理をお願いします

 回収したフロン類は破壊するか、再生利用する必要があります。

第一種フロン類再生業者又はフロン類は開業者、又は法施行規則第49条第1号に規定する者に引き渡してください。
みだりに大気中に放出したり、回収基準を守らないような時には罰せられる場合があります。

 ◆フロン類破壊業者名簿(PDF:264KB)

 ◆第一種フロン類再生業者名簿(PDF:63KB)

 ◆法施行規則第49条第1号で知事が認定した者の名簿(PDF:39.5KB)

 (充填回収業者が引渡したフロン類を第一種フロン類再生業者又はフロン類破壊業者に確実に渡す者として都道府県知事が認定した者)