ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

瑞浪超深地層研究所関係

超深地層研究所安全確認委員会

 本委員会は、瑞浪市、土岐市及び県が国立研究開発法人日本原子力研究開発機構[旧動力炉・核燃料開発事業団](以下「原子力機構」という。)が設置する超深地層研究所について、平成7年12月に締結した「東濃地科学センターにおける地層科学研究に係る協定書」の第一項に規定する事項「事業団は、研究所について、放射性廃棄物を持ち込むことや使用することは一切しないし、将来においても放射性廃棄物の処分場とはしない。」を確認することを目的として、平成10年6月に設置され、原子力機構に対し必要な報告を求めるとともに研究所の立入検査を実施しています。

 

 〇議事録はこちら【瑞浪市のホームページ(外部サイト)】

 

 「東濃地科学センターにおける地層科学研究に係る協定書」(PDF:54KB)

 

<参考>
○超深地層研究所

 原子力発電の使用済燃料から資源を回収した後に残る高レベル放射性廃棄物を安全に処分するために、岩盤や地下水を調査する技術や解析する手法の確立、深い地下で用いられる工学技術の基盤整備を目指し、実際に地下深くまで立坑を掘削し研究を行っています。

平成26年6月末時点で、立坑は約500mまで掘削され、さらに500mの位置で水平坑道が掘削されました。

 【設置者】国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

 【所在地】瑞浪市明世町山野内地内

 詳しくは、機構のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

 

 

排出水等測定結果について

平成29年9月27日
岐阜県環境生活部環境管理課

 岐阜県では、瑞浪市にある国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(以下「原子力機構」という。)の超深地層研究所(以下「研究所」という。)の排出水、放流先河川水等について、水質測定を行いました。(試料採取日:平成29年9月7日)

 測定の結果、研究所からの排出水、その放流先の河川の水質について、「水質汚濁に係る環境基準」に準じて原子力機構が定めた管理目標を達成していることを確認しました。

 なお、参考までに、研究所の坑道掘削により生じる湧水、花木の森散策路における空間放射線線量率についても測定を行っています。

 平成25年度までは立坑掘削が行われたため、その掘削土の測定も行いました。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

年度

採取日

(1回目)

採取日

(2回目)

測定位置 備考
平成29年度 6月23日 9月7日 位置図

※瑞浪市も年2回測定を実施しています。

 瑞浪市の測定結果(外部サイト)

平成28年度 6月8日 9月13日
平成27年度 6月15日 9月17日
平成26年度 6月24日 9月26日
平成25年度 6月14日 9月19日

平成24年度

6月15日 9月10日
平成23年度 6月24日 9月22日
平成22年度

6月28日

9月16日
平成21年度

6月15日

9月14日
平成20年度 6月17日 9月12日
平成19年度 6月13日 9月11日
平成18年度 7月14日 9月25日

 

○測定実施の経緯

 平成17年10月、研究所の排出水を放流している河川(狭間川)で、環境基準を上回るふっ素及びほう素が検出されていたことが研究所からの報告により判明しました。立坑の掘削に伴う湧水(地下水)中のふっ素、ほう素の濃度が環境基準を超過していたことから、現在は排水処理施設で処理を行い、環境基準に適合していることを確認してから湧水を放流しています。

 これを機に、平成17年11月に岐阜県、瑞浪市及び原子力機構の三者で「瑞浪超深地層研究所に係る環境保全協定」を締結していますが、原子力機構ではこの協定に基づいて、毎月、研究所からの排出水、放流先河川水等の測定を行い公表しています。

 岐阜県と瑞浪市では、平成18年度から、それぞれ年2回ずつ計4回(おおよそ四半期に1回)、確認のための測定を行っています。

協定書

 

基準書