ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

地球温暖化防止のための「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」

 環境省の主唱により、平成15年から毎年、夏至の日を中心にライトアップ施設やオフィス、家庭の照明を消すように呼びかける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施しているところです。

 これは、広く国民の皆様に、日頃いかに照明を使用しているかを実感していただき、日常生活の中で地球温暖化対策を実践する契機としていただくことを目的としたキャンペーンです。

 

「ライトダウンキャンペーン」(平成29年6月21日から7月7日まで)

 今年度は、6月21日(水)[夏至の日]から7月7日(金)[七夕]までを期間とし、照明の消灯の実施を呼びかけていきます。

・キャンペーン期間6月21日(水)から7月7日(金)
・消灯する照明屋外照明(看板サイン外灯)、屋内照明(家庭店舗オフィスなど)

「ライトダウンキャンペーン」(環境省のサイト)
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolearthday/【外部サイト】

全国の参加施設の状況が紹介されています。(都道府県別に参照することができます。)

「夏至ライトダウン」「七夕ライトダウン」特別実施日の一斉消灯

 キャンペーン期間中の「夏至の日」と「七夕の日」には、特別実施日として、賛同いただいた企業・団体など多くの皆さんの協力を得て、それぞれ夜8時から10時までの2時間に一斉消灯(ライトダウン)を行っています。

  • 夏至ライトダウン:夏至の日(6月21日)の午後8時から午後10時までの一斉消灯
  • 七夕ライトダウン:七夕(7月7日・クールアース・デー)の午後8時から午後10時までの一斉消灯

※クールアース・デー:平成20年7月7日の七夕の日に、北海道洞爺湖サミット(G8サミット)が開催されたことを記念し、地球温暖化の防止や自然との共生に向け、我が国が国際社会において重要な役割を果たし、国民みんなで地球環境を考え行動し、世界に対して広く発信していくため、毎年7月7日を「クールアース・デー」として閣議決定されました。

 

キャンペーン
参加施設一覧

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年 2016年 2017年

 

岐阜県の取組み(平成29年度)

 岐阜県では、このキャンペーンの趣旨に賛同し、県内へ取組みの参加を呼びかけるとともに、県有施設において「夏至ライトダウン」及び「七夕ライトダウン」の一斉消灯を行いました。
参考:記者発表資料(PDF:228kb)

 県内の参加状況(環境省ホームページの登録状況から)

キャンペーン全体

夏至ライトダウン 七夕ライトダウン
取組施設数

489施設

476施設

488施設

削減消費電力

41,862kWh

20,856kWh

21,006kWh