ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県あんしん賃貸支援事業

県では、市町村および不動産業界団体と連携して、高齢者世帯、障がい者世帯、外国人世帯等が民間賃貸住宅に円滑に入居できるよう支援する制度(あんしん賃貸支援事業)を推進しています。

 

【可児市におけるモデル事業の実施】

 平成22年度から平成27年度にかけて、モデル事業として可児市において外国籍県民の方の入居支援を実施しました。

 

 ○支援の主な内容

 ・県で外国籍県民の方が入居可能な可児市内の住宅を紹介していただける協力不動産店を募り、登録。

 <不動産協力店登録数>9店

 <協力店による物件紹介件数>79件

 ・NPO法人可児市国際交流協会が部屋探しをする外国人に登録協力不動産店をご紹介し、入居に至るまでの必要な支援を実施。

 ・通訳(有料)、協力不動産店リストの閲覧、多言語版部屋探しガイドブックの配布、日本での生活習慣レクチャー、住まい相談など

 について支援。