ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年7月豪雨災害の被災に伴う(特別管理)産業廃棄物処理業許可の許可満了日延長措置について

1.概要

平成30年7月豪雨による災害に関し、特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律第3条第2項の規定に基づき、同条第1項の規定による延長の措置の対象となる特定権利利益、当該措置の対象者及び延長後の期日満了を指定する件(平成30年環境省告示第57号)が平成30年7月25日に告示されました。

当該告示により、次項の対象者は、現在ある許可の有効期間満了日を平成30年11月30日まで延長することができます。

 

2.対象者

特定被災区域内(外部サイト)において以下の許可に係る業を行う者であって、「平成30年6月28日から平成30年11月30日まで」の間に許可の有効期間が満了する者

 

  • 産業廃棄物収集運搬業
  • 産業廃棄物処分業
  • 特別管理産業廃棄物収集運搬業
  • 特別管理産業廃棄物処分業

 

3.手続方法

(1)現在ある許可の有効期間内に更新申請手続きが可能である者

延長措置を受けることなく、必要書類を作成し、管轄の県事務所等で更新申請を行ってください。

 

(2)現在ある許可の有効期間内に更新申請手続きができない者

延長措置の適用を受けることができますので、必要書類に別紙申出書を追加添付して、平成30年11月30日までに管轄の県事務所等で更新申請を行ってください。

なお、延長措置を受けた場合の更新後の許可の起算日は、平成30年12月1日となります。

 

申出書(word:34kb)