ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

浄化槽の3つの義務

浄化槽は維持管理が大切です。

浄化槽は、微生物の働きを利用して汚水を処理する装置です。
微生物が活動しやすい環境を保つため、維持管理を行うことが大切です。
浄化槽の維持管理は、「3つの義務」といわれる法定検査・保守点検・清掃がありますが、
浄化槽法によりそれぞれ定期的に行われることが義務づけられています。

 

3つの義務その1「法定検査」

□指定検査機関による法定検査を受けてください(浄化槽法第7条、11条)

 浄化槽の使用開始後3ヶ月を経過した時点から5ヶ月以内に1回と、その後毎年1回、岐阜県知事が指定した検査機関の実施する水質に関する検査(法定検査)を受けなければなりません。

指定検査機関:一般財団法人岐阜県環境管理技術センター(外部サイト)
岐阜市六条大溝4丁目13番地6号電話058-276-0321

 

3つの義務その2「保守点検」

□保守点検は登録業者に(浄化槽法第8条、10条)

 保守点検は、浄化槽の装置・機械が正しく働いているか点検し、調整・補修を行ったり消毒剤の補給などを行います。

 岐阜県及び岐阜市では浄化槽保守点検業者の登録制度が実施されていますので、それぞれの登録業者へ下表の回数を委託をしてください。登録業者に関するお問い合わせは、最寄りの岐阜地域環境室又は県事務所環境課へお尋ねください。

単独処理浄化槽

処理方式及び処理人員 全ばっ気方式 分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式等
散水ろ床方式
平面酸化床方式等
20人以下 3ヶ月に1回以上 4ヶ月に1回以上 6ヶ月に1回
21人以上300人以下 2ヶ月に1回以上 3ヶ月に1回以上
301人以上 1ヶ月に1回以上

2ヶ月に1回以上

合併処理浄化槽

処理方式及び処理人員 分離接触ばっ気方式
嫌気ろ床接触ばっ気方式
活性汚泥方式 接触ばっ気方式
散水ろ床方式等
沈殿分離槽又は

嫌気ろ床槽を有する浄化槽

20人以下 4ヶ月に1回以上

-

-

21人以上
50人以下
3ヶ月に1回以上
二階タンク又は沈殿分離槽を有する浄化槽

-

-

3ヶ月に1回以上
スクリーン及び流量調整槽を有する浄化槽

-

1週に1回以上 2週に1回以上
沈殿分離タンク、二階タンク及び流量
調整タンクのいずれも有していない浄化槽

-

 

3つの義務その3「清掃」

 清掃は市町村長の許可業者に(浄化槽法第9条、10条)

浄化槽内に溜まった汚泥などを抜き取る作業を清掃といいます。

これは市町村長の許可を受けた浄化槽清掃業者が行うこととなっていますので、1年(全ばっき方式は6ヶ月)に1回、許可業者へ委託してください。

許可業者については、お住まいの市町村役場へお尋ねください。

 

「らくらく一括契約」って、なに?

 「浄化槽らくらく一括契約」は浄化槽法で定められた3つの義務である「法定検査」、「保守点検」、「清掃」が同時に契約できる便利なシステムです。

浄化槽の維持管理業者で構成する「岐阜県浄化槽らくらくプロジェクト促進協議会」が運営しています。

料金が割安になると同時に、浄化槽の故障に対し一定の保証があるなどのメリットもあります。

【お問い合わせ先】岐阜県浄化槽らくらくプロジェクト促進協議会(外部サイト)
岐阜市六条大溝4-13-6電話058-276-0306