ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

動物介在活動犬の譲渡先募集

動物介在活動事業について

岐阜県動物愛護センターでは、各施設で行われている動物介在活動の支援を目的として、センターで飼養している犬の中から適性がある犬を「動物介在活動犬」として育成・訓練し、ふれあい活動や老人ホームなどへの訪問後、福祉施設や活動団体へ譲渡を行っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

動物介在活動犬の紹介

動物愛護センターで育成した動物介在活動犬の受け入れ先を募集します。

柴犬のもみじ、トイプードルのハウル。老人ホーム等で動物介在活動を行い、今回、受入先を募集します。

 

 

 活動の様子1 活動の様子2  活動の様子4

 

動物介在活動の様子です。

利用者様に大変好評で、みなさんいつも拍手で迎えてくださいます。

もみじは、少々手荒に歓迎されても気にすることはなく、

ハウルは抱っこをされると、そのまま眠ってしまうことも。

 

譲渡手続きについて

【応募受付開始日】平成29年5月26日(金)【申込期限日】平成29年6月9日(金)

※社会福祉施設、動物介在活動の実績がある団体または個人が対象となり、一般家庭への譲渡は受け付けていません。

1.動物愛護センターへ電話で御連絡ください。

2.後日、実際に活動犬と会っていただき、お話をうかがいます(譲受希望の理由や飼養方法など)。

3.センター職員が飼養施設(飼養場所)を訪問し、状況確認をします。

4.譲渡決定後、「犬の譲渡前講習会」を受講していただきます。

5.申請書類等を提出していただきます(譲渡手数料含む)。

※複数の施設・団体からお申し込みがあった場合、活動犬の安全性及び飼養管理方法等を考慮の上、最終決定します。

 

譲渡手数料

譲渡手数料:7,000円。(当センターで不妊又は去勢手術を行わない場合は2,000円)

手数料は、岐阜県収入証紙の貼付となります。

岐阜県収入証紙は、一部金融機関、総合庁舎、市役所などで取り扱っています。(※岐阜県動物愛護センターでは取り扱っていません。)

取扱い場所はこちらをご確認ください。

 

動物介在活動についての詳細はこちら「動物介在活動犬の育成・譲渡事業」

御不明な点などがありましたら、岐阜県動物愛護センターまでお問合せください。