ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

-防災ヘリコプター概要-

1.防災ヘリコプターの性能

若鮎I

若鮎III

 

形式

定員

全長

全高

エンジン最大出力

エンジン基数

最高速度

最大巡航速度

最大航続距離

最大航続時間

担架装備数

川崎式BK117C−2

10名

13.0m

3.7m

770SHP×2基

2基

269km/h

246km/h

700km

3時間20分

最大1架

ベル式412−EP

15名

17.1m

4.6m

900SHP×2基

2基

259km/h

226km/h

656Km

3時間

最大3架

2.防災ヘリコプターでの活動内容

(1)救急活動

 ドクターヘリ的運航(※1)や交通不便地からの救急患者の搬送、緊急傷病者発生地への医師の搬送及び医療機材等の輸送、高度医療機関への重篤患者の搬送など

(2)救助活動

 河川等での水難事故,山岳遭難事故、高層建築物火災等における救助及び陸上からの接近できない被災者の救出など

(3)火災防ぎょ活動

 林野火災における空中消火活動,火災における情報収集・伝達・住民への避難誘導など

(4)災害応急対策

 災害・大規模事故等の状況把握と応急対策指揮,孤立集落等への緊急物資・医薬品等の輸送及び応援要員・医師の搬送、住民への避難誘導及び警報等の伝達など

(5)災害予防活動

 災害危険箇所の調査、各種防災訓練への参加、住民への災害予防広報

(6)訓練のための活動

 防災業務を遂行するために必要な技術を習得するための訓練

(7)一般行政活動

 県の一般行政での利用


※1ドクターヘリ的運航とは

 岐阜県では県民の救命効果の向上を図るため、県を代表する医療機関である国立岐阜大学付属病院と連携し防災ヘリコプターの「ドクターヘリ的運航」を平成16年6月1日から行っています。具体的には、同病院の医師を乗せて救急現場に向い、現場で重傷病者の救命措置を施したあと、同病院まで搬送する業務です。この運航により、医療の地域格差是正に貢献しております。