ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県防災リポートchの運用について

岐阜県防災リポートchとは

 岐阜県では、県下において災害が発生した際の情報収集システムの1つとして「岐阜県防災リポートch」を運用しています。

 このシステムでは、地域の防災関係者や県職員及び市町村職員等を対象に情報提供に協力いただける方々を「岐阜県防災情報リポーターとして登録し、岐阜県防災情報リポーターが携帯端末で撮影した災害現場の状況を、メールで送信することで、地図上に情報を登録することができます。
報告いただいた情報は、岐阜県の災害対応に活用されます。

岐阜県防災情報リポーターとは

 「岐阜県防災情報リポーター(以下、リポーターという)」とは、災害時に目撃した道路、河川、土砂、家屋被害等の写真や概要を、「岐阜県防災リポートch」を通じて県域統合型GIS(県内で共有されるマップ)へ登録していただく情報提供者のことを指します。リポーターに登録されると、携帯端末から情報登録を行うためのIDとパスワードが発行されます。

下記の「リポーター登録申請が可能な方」に該当する方はぜひ登録申請していただき、災害発生時における積極的な情報提供へのご協力をお願いします。

被害情報の登録から情報活用までの流れ

1.災害発生
2.リポーターから被害情報の登録
3.県災害情報集約センターにて情報の確認
4.災害情報の伝達(必要に応じて関係機関へ伝達、県HPで公開)

リポーター登録申請が可能な方

 以下(1)~(4)を全て満たす方のみ登録申請が可能です。

(1)県内に在住、在勤、在学している者であって、防災に関する知識を有している方
(例:県職員又は市町村職員防災担当経験者、防災士、消防団員など)
(2)スマートフォン等の携帯端末を所持している方
(3)PDFファイルが受信できるメールアドレスを所有している方
※職場に割り当てられているアドレスでも可
(4)以下1~5に同意いただける方
1.情報登録のためのインターネット接続に要する費用は防災情報リポーターの負担となること
2.自らの安全を確保し、可能な範囲内で情報提供を行い、積極的に危険が予測される場所へ行っての情報提供は行わないこと
3.報告内容の状況確認を行うため、県から電話連絡等を行うことがあること
4.提供された画像は、岐阜県に帰属すること
5.提供された情報は、公開されないことがあること

リポーター登録方法(ID及びパスワード入手方法)

 メールにて下記申込先へ登録申請メールを送信してください。

申込先 岐阜県防災課c11115@pref.gifu.lg.jp

メール件名は「防災情報リポーター登録申請」としてください。
メール本文には以下の内容を記載してください。
・住所
 ・勤務先または学校等
・氏名
・携帯電話番号
・PDFファイルが受信できるメールアドレス
 ・防災に関する知識を有することの説明

リポーター登録申請結果の通知

 岐阜県防災課より防災情報リポーター登録申請の結果を通知いたします。
登録が完了した方のメールアドレスに、ID、パスワードをお送りします。

情報の登録方法について

 リポーターに登録され、IDとパスワードが発行されると、携帯端末から被害情報の登録が可能となります。
登録方法については、下記のマニュアルをご確認ください。

情報送信マニュアル(PDF1,260KB)

スマートフォン専用アプリについて

 スマートフォン(アンドロイド、アイフォン)から被害情報登録を行う場合は、事前に専用のアプリをインストールしていただく必要があります。アプリはそれぞれgoogleplay、appstoreでダウンロード可能【無料】です。※フィーチャーフォン(いわゆるスマートフォンではない携帯電話)については、アプリインストールの必要はありません。

本アプリは、リポーターが災害情報を報告する際にご使用いただくAndroidOS(iOS)用アプリです。アプリ起動後に表示される地図上の任意の場所に、被害の状況を写真やコメントを付けて登録することができます。IDとパスワードがなくてもインストールは可能ですが、本アプリを使用するためには、リポーター登録者に発行されるIDとパスワードが必要です。

本アプリは、岐阜県情報技術研究所と岐阜工業高等専門学校との共同開発により作成されたものです。

アプリについて(PDF302KB)

 

禁止行為と登録の削除

 次に掲げる行為又はそのおそれのある行為を行ったときは、防災情報リポーターの登録を削除します。
・公序良俗に反する行為
・法令等に反する行為
・他の防災情報リポーター又は第三者を中傷する行為
・不正報告を行う行為
・危険が伴う行為
・その他、防災情報リポーターとして不適当と認められる行為