ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

応急処置〜救急車が来る前に!〜

出血の手当・心肺蘇生法について

1出血の手当

 一般に体内の血液の20%が急速に失われると出血性ショックという重い状態になり、30%を失えば生命に危険を及ぼすといわれています。したがって、出血量が多いほど、止血手当を迅速に行う必要があります。大出血の止血方法としては、出血部位を直接圧迫する直接圧迫止血法が基本です。この方法で止血できない大量の動脈性出血の場合には、手足に限って、最終的な手段として止血帯法があります。

【直接圧迫止血法】

圧迫止血法

・きれいなガーゼやハンカチなどを傷口に当て、手で圧迫します。

・大きな血管からの出血の場合で片手で圧迫しても止血しないときは、両手で体重を乗せながら圧迫止血します。

○ポイント

・止血の手当を行うときは、感染防止のため血液に直接触れないように注意します。

・ビニール・ゴム手袋の利用。それらがなければ、ビニールの買い物袋などを利用する方法もあります。

 

【止血帯法】

止血帯法

止血帯で止血できる部位(手足の太い血管損傷による出血で、直接圧迫止血法では止血が困難な場合に行います。)

○ポイント

・止血帯は、できるだけ幅の広いもの(3cm以上)を用います。

・棒などで固定したときは、止血時間を記録し、もし30分以上続ける場合には、30分に1回止血帯をゆるめ、血流の再開を図ります。そして、出血が続いていれば、再び緊縛(固定)を実施します。

 

2心肺蘇生法

(1)意識を調べる

 傷病者に近づき、その耳もとで「大丈夫ですか」または「もしもし」と呼びかけながら、傷病者の肩をたたき、反応があるかないかを見ます。

 

○ポイント

・呼びかけなどに対して目を開けたり、何らかの反応があれば「意識あり」。何も反応がなければ「意識なし」と判断する。

・交通事故などで、頭や首にけががある場合やその疑いがあるときは、体を揺すったり首を動かしてはならない。

・意識があれば傷病者の訴えを聞き、必要な応急手当を行う。

 

(2)助けを呼ぶ

 意識がなければ大きな声で「だれか救急車を呼んで」と助けを求めます。

 

(3)気道を確保する

 片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先(おとがい部)に当て、これを持ち上げ、気道を確保します。気道確保

○ポイント

 ・指で下あごの軟らかい部分を圧迫しない。

 ・頭を無理に後ろに反らせない。

 

 

(4)呼吸を調べる

・気道を確保した状態で、自分の顔を傷病者の胸部側に向けます。

・頬を傷病者の口・鼻に近づけ、呼吸の音を確認するとともに、自分の頬に傷病者の吐く息を感じ取ります。

・傷病者の胸腹部を注視し、胸や腹部の上下の動きを見ます。

・10秒以内で調べます。

○ポイント

・頬はできるだけ傷病者の口・鼻に近づけます。

・呼吸音も聞こえず、吐く息も感じられず、胸腹部の動きがなかったり、それらが不十分な場合には「呼吸なし」と判断します。

 

(5)人工呼吸(口対口人工呼吸により、肺に空気を送り込みます)

・呼吸がなければ人工呼吸を開始します。

・気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみます。

・口を大きくあけて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息をゆっくりと2回吹き込みます。

人口呼吸

人口呼吸の方法

○ポイント

・ゆっくりと約2秒かけて2回吹き込む。

・吹き込む量は、傷病者の胸が軽くふくらむ程度(500ml〜800ml(10ml/体重1kg))とする。

・吹き込んだときにスムーズに吹き込みが出来なかった場合は、もう一度首をもどして、気道確保をやり直し、息を吹き込む。

・どうしても口対口人工呼吸をすることに抵抗がある場合は、ハンカチを傷病者の口に置いて行っても構わない。また、携帯できる簡易型の人工呼吸マスク(一方向弁付き呼気吹き込み用具)を持っていると便利である。

・もし、傷病者に傷や出血があって出来ない場合や、救助者の皮膚や口の周りに傷がある場合には、口対口人工呼吸を行わないで心臓マッサージを行っても良い。

 

(6)循環のサインを調べます

・傷病者の口に耳を近づけて、次の徴候(「循環のサイン」)の有無を調べる。

・呼吸をしているか?

・咳をしているか?

・体に何らかの動きが見られるか?

・循環のサインは、10秒以内に調べる。

○ポイント

・これらの徴候がなかったり、明らかでない場合には、循環のサインなしと判断し、ただちに心臓マッサージを開始する。

・徴候のいずれかが見られる場合は、循環のサインがあり、心停止でないと判断する。

 

(7)心臓マッサージ(胸骨圧迫心臓マッサージにより、酸素の含まれた血液を循環させる)

 循環のサインがない場合は、直ちに心臓マッサージを開始する。

 

※心臓マッサージの手を置く位置の見つけ方

 ・胸部の一番下の肋骨(ろっこつ)を人差し指と中指の2本の指で触れる。

 ・そのまま2本の指を肋骨(ろっこつ)の縁に沿って胸の真ん中まで、すべるように移動させる。

 ・真ん中のヤマ形の頂点のところで指を止め、それに並べるようにもう一方の手の付け根を置く。この置かれた手の付け根の位置が圧迫部位となる。

圧迫位置

他方の手をその手の上に重ねます(両手の指を交互に組んでも良い)。肘をまっすぐに伸ばして体重をかけ、胸を3.5cm〜5cm圧迫します。1分間に約100回のペースで30回圧迫します。

圧迫方法

 ※↑垂直に圧迫します。

 

(8)心肺蘇生法の実施

・15回の心臓マッサージと、2回の人工呼吸のサイクル(15:2)を繰り返します。

・人工呼吸は1回の吹き込み時間に2秒かけて、5秒に1回の速さで行います。

・最初に、心臓マッサージ15回と人工呼吸2回のサイクルを4サイクル行った後に、循環のサインの有無を10秒以内に調べます。その後は、心臓マッサージ15回と人工呼吸2回のサイクルを繰り返し、2〜3分ごとに、循環のサインの有無を10秒以内に調べます。

マッサージ

○ポイント

・心臓マッサージ15回と人工呼吸2回のサイクルを、救急隊員が到着するまで続ける。

・もし、救助者が2人以上いる場合は、1人が119番通報し、もう一人が心肺蘇生法を行う。そして、心肺蘇生法を実施している人が就かれた場合には、他の人が代わって心肺蘇生法を続ける。

・もし途中で循環のサインが見られた場合いは、呼吸が不十分であれば人工呼吸のみを続け、十分な呼吸も見られるならば、気道を確保しながら回復体位にする。

 

「応急手当講習テキスト」よりの抜粋です。