ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

避難情報に注意しましょう!

 災害によって、危険が迫った場合、住民の安全を確保するため、市町村長から「避難準備・高齢者等避難開始」や「避難勧告」、「避難指示(緊急)」が発令される場合があります。(市町村の広報車や、防災無線などによってみなさんにお知らせされます。広報の仕方は各市町村役場にご確認ください。)

 ↓

 これらの違いをあらかじめ理解しておくことが「自らの身を守る」ことにつながります。これらが出されたときは、速やかに避難をしましょう。

 また、危険を感じたときは市町村からの避難情報を待つことなく自主的に避難するよう心がけましょう。

 

避難情報は次の3種類です

 発令される種類としては、高齢者など避難に時間のかかる方に早めの避難を促す「避難準備・高齢者等避難開始」、通常の避難行動ができる方に避難を促す「避難勧告」、危険が切迫し、早急な避難を促す「避難指示(緊急)」の3段階に分かれています。一部の報道機関では、緊急時において「避難命令」という言葉を使用していますが、市町村長は、「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」のみ発令し、「避難命令」を使用しませんので注意してください。

 避難勧告等が発令された場合には、早めに避難所など安全な場所への避難を心がけましょう。

避難準備・高齢者等避難開始

(ひなんじゅんび・

こうれいしゃとう

ひなんかいし)

・災害時要援護者など、特に避難行動に時間を要する人が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が高まった状況

<発令されたら・・・>

・避難の準備を始めてください

・災害時要援護者など、特に避難行動に時間を要する人は、避難行動を開始してください

・避難支援者は支援行動を開始してください

いずれも市町村から発令されます。

避難勧告

(ひなんかんこく)

・通常の避難行動ができる人が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が明らかに高まった状況

<発令されたら...>

・避難所へ避難してください

避難指示(緊急)

(ひなんしじ(きんきゅう))

・前兆現象の発生や、現在の切迫した状況から、人的被害の発生する危険性が非常に高いと判断された状況

・避難勧告より状況が悪化し、緊急に避難が必要な状況

<発令されたら...>

・避難中の方は、避難行動をただちに完了してください

・未だ避難していない対象者は、ただちに避難行動に移るとともに、そのいとまがない場合は生命を守る行動をしてください

「警戒区域」の設定と「退去命令」

 このほか、市町村長により住民の保護を目的に、危険な地域を「警戒区域」として設定する場合があります。

 「警戒区域」を設定した場合、この区域への立ち入りを制限、禁止またはその区域からの「退去命令」が出される場合もあります(市町村長の警戒区域設定権等:災害対策基本法第63条)。