ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

身体障害者手帳

身体障害者手帳の交付

1.身体障害者手帳とは

 身体障害者手帳は、身体に障がいのある方が、様々な福祉制度を利用するために必要な手帳で、障がいの程度により1級から6級までの等級区分があります。

 対象となる障がいは、(1)視覚障害(2)聴覚障害(3)平衡機能障害(4)音声機能・言語機能障害又はそしゃく機能の障害(5)肢体不自由(上肢、下肢、体幹、脳原性運動障害)(6)心臓機能障害(7)じん臓機能障害(8)呼吸器機能障害(9)ぼうこう又は直腸の機能障害(10)小腸機能障害(11)ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害(12)肝臓機能障害の各障がいです。

2.手帳の交付等

身体障害者手帳の手続き

手帳申請手続きのフロー図

※諮問(非該当のもの、医学的判定が必要なもの、3歳未満などの場合)

区分

必要な書類

書類に添付するもの

手続き窓口

はじめて申請するとき 身体障害者手帳申請書

1.指定医による診断書

2.写真

(上半身、縦4cm×横3cm)

3.印鑑

お住まいの市町村

障がい福祉担当

窓口

 

障がいの程度や内容が変わったとき

(再判定含む)

1.指定医による診断書

2.写真

(上半身、縦4cm×横3cm)

3.印鑑

4.身体障害者手帳

紛失・破損したとき

1.写真

(上半身、縦4cm×横3cm)

2.印鑑

居住地・氏名が変わったとき

1.印鑑

該当しなくなったとき 身体障害者手帳返還届

1.身体障害者手帳

2.印鑑

 

1.手続きに必要な書類はお住まいの市町村の障がい福祉担当窓口にあります。

2.申請書に添付する診断書は、知事から指定された医師(指定医師)の診断を受け、指定医師に書いてもらってください。

 身体障害者手帳交付申請のための診断書を作成できるのは、身体障害者福祉法に基く指定医師(15条指定医師)にかぎられています。

 15条指定医師かどうか、確認の必要があるときは、市町村障がい福祉担当窓口におたずねください。

3.写真(脱帽して上半身を写したもので、申請のときから1年以内に撮ったもの)は、申請書に貼付してください。

4.県外や岐阜市から転入(居住地が変わったとき)したときは、手帳の写し(コピー)を添付してください。

 

3.身体障害者手帳・診断の手引(平成28年4月現在)

4.手続きに必要な様式等

5.関係リンク先

6.参考

 (昭和50年4月21日社更第49号福岡県民生部長あて厚生省社会局更生課長回答)

 (平成21年12月24日障発第1224第3号各都道府県知事、指定都市市長、中核市市長宛、

 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知)

このページの先頭へ