ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

介護職員等によるたんの吸引等について

 社会福祉士及び介護福祉士法の一部改正により平成24年4月1日から、介護職員においても一定の研修を修了した方は、認定特定行為業務従事者認定証の交付を受け、たんの吸引等の業務を行うことができるようになりました。

 申請方法については、下記のとおりです。また、修了された研修により申請書類が異なりますので注意してください。

 


登録研修機関で喀痰吸引等研修を修了された方】

 <申請に必要な書類>

 ■認定特定行為業務従事者認定証交付申請書(省令第一号研修、第二号研修修了者対象)【様式5-1】
 ■住民票
 ■申請者が法附則第4条第3号の各号に該当しないことを誓約する書類【様式5-2】
 ■喀痰吸引等研修の修了証明書
申請様式(Excel)-(シートにて一括しています)

 


【経過措置による認定の方】

 

 やむを得ない措置により特別養護老人ホームにおいてたんの吸引等を実施していた方についても、経過措置として、この認定証の交付をうけることができることとされています。

 <経過措置に該当する要件>

 以下の1.及び2.に該当していることが必要です。

 1.平成24年3月31日までに特別養護老人ホームにおいて研修を修了又は研修を開始し修了した者

 《該当する研修》

 [1]特別養護老人ホームにおけるたんの吸引等の取扱いについて

 (H22.4.1医政発第0401第17号厚生労働省医政局長通知)

 [2]介護職員によるたんの吸引等の試行事業(不特定多数の者対象)

 (平成22年度老人保健健康増進等事業「介護職員によるたんの吸引等の試行事業の

 研修のあり方に関する調査研究事業」)

 [3]平成23年度介護職員によるたんの吸引等の実施のための研修事業の実施について

 (H23.10.6老発1006第1号厚生労働省老健局長通知)

 2.1.の研修受講期間中に特別養護老人ホームに在籍し、当該施設の業務に従事していること

 <申請に必要な書類>

 ■認定特定行為業務従事者認定証(経過措置)交付申請書【様式17-1】
 ■住民票
 ■申請者が附則第4条第3号各号に該当しないことを誓約する書面【様式5-2】
 ■喀痰吸引等に関する研修修了証明書及び修了した研修内容・研修時間・受講期間がわかる資料(任意様式)
 ■本人誓約書【様式17-2】
 ■第三者証明書【様式17-3】
 ■実施状況証明書【様式17-4】
 ■研修期間において施設に在籍していることを証明する書類(任意様式)※該当する研修が[1]の場合のみ
申請様式(Excel)-(シートにて一括しています)

 


<その他>

※岐阜県に住所地のある方が対象となります。勤務地が岐阜県内であっても住所地が他都道府県の場合については、それぞれの都道府県へお問い合わせください。

認定特定行為業務従事者認定証の登録事項変更、再交付、認定辞退について

 認定特定行為業務従事者認定証の登録事項の変更があった場合、また、紛失等により再交付を希望する場合、認定を辞退する場合には、「認定特定行為業務従事者認定証の登録事項変更、再交付、認定辞退の申請方法について」をご覧いただき申請してください。

認定特定行為業務従事者認定証の登録事項変更、再交付、認定辞退の申請方法について

<申請に必要な様式>

認定特定行為業務従事者認定証変更届出書(様式7)

認定特定行為業務従事者認定証再交付申請書(様式8)

認定特定行為業務従事者認定辞退届出書(様式11)

 

認定特定行為業務従事者認定証原本証明の申請について

 認定特定行為業務従事者認定証の原本証明を申請する場合には、下記の認定特定行為業務従事者認定証原本証明申請書を記入の上、認定特定行為業務従事者認定証(写)2部、返信用封筒(角形2号封筒240mm×332mm)に申請者の住所、氏名及び郵便番号を明記し、430円分の切手を貼付したものを同封し、申請してください。

 

認定特定行為業務従事者認定証原本証明申請書

 

※認定証原本の送付は不要です。

 

 

<申請先>

500-8570

岐阜市薮田南2-1-1

 岐阜県健康福祉部高齢福祉課介護事業者係