ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

たばこ対策

たばこの害

 喫煙はがん、脳卒中、心疾患等の循環器疾患、糖尿病などのほか、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の発症リスクを高めます。

 また、たばこは吸う人だけでなく、他人のたばこの煙を吸わされる人の健康も害します。受動喫煙により、低出生体重児、乳幼児突然死症候群、子どもの肺炎もリスクが高くなります。

受動喫煙防止シンボルマーク

 「子どもの受動喫煙防止啓発シンボルマーク」コンテスト受賞作品[外部サイト](ファイザー株式会社)

 

 受動喫煙防止対策について(Word:281kB)

 大学生向け喫煙防止・禁煙普及リーフレット(PDF:908kB)

 

喫煙と健康問題

がんを予防するためには、たばこを吸わないことが最も効果的です。

喫煙と健康問題については、こちらをご覧ください。

 

調査

岐阜県内市町村のたばこ対策の推進の実態に関する調査

・調査目的

 県内の市町村レベルのたばこ対策の推進の実態を調査により明らかにし、今後の県及び市町村レベルのたばこ対策のあり方の検討に役立てる。

 

・調査結果

 調査結果(概要版)(PDF,532kB)

 ※調査結果の転用・転載は御遠慮ください。

 

 

リンク

 厚生労働省「受動喫煙防止対策助成金制度」を充実5月16日から対象を全業種に拡大、補助率を1/2にアップ[外部サイト]

 厚生労働省たばこと健康に関する情報ページ[外部サイト]

 厚生労働省最新たばこ情報[外部サイト]

 一般社団法人GOLD日本委員会COPD情報サイト[外部サイト]