ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ハンセン病について

ハンセン病とは

 ハンセン病は、らい菌による感染症です。らい菌の病原性は極めて弱く、また、たとえ感染しても発症することはまれです。発症しても、急激に症状が進行することはありません。

 初期症状は皮疹、知覚麻痺です。顔や手足が変形する後遺症が残りやすかったこと、感染症であり同一家族で複数の患者が出たため遺伝病と誤解されたことなどから、様々な差別や偏見の対象とされてきました。

 現在では有効な治療薬が開発され、ハンセン病は後遺症を残すことなく治る病気となっています。

 

ハンセン病の歴史

中世〜近体の一部が変形することなどから、差別の対象とされた。

明治6年(1873年)ノルウェーの医師ハンセンにより「らい菌」が発見された。

明治40年(1907年)「癩(らい)予防ニ関スル件」制定

 放浪する患者や元患者を療養所に収容し隔離した。

昭和6年(1931年)「癩(らい)予防法」制定

 放浪する者に限らず、日本中のすべての患者を療養所に隔離できることとされた。

昭和28年(1953年)「らい予防法」制定

 患者の働くことの禁止、療養所入所者の外出禁止などを規定した。

平成8年(1996年)「らい予防法」廃止

平成13年(2001年)「らい予防法」違憲国家賠償請求訴訟で、熊本地裁は原告勝訴の判決。国は控訴せず、判決が確定した。

平成20年(2008年)「ハンセン病問題の解決の促進に関する法律」制定

 

関連リンク

厚生労働省(ハンセン病に関する情報ページ)【外部サイト】

国立ハンセン病資料館【外部サイト】