ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

予防接種

 予防接種は、各種の感染症に対する免疫を持たない感受性者または免疫の増強効果を目的とする者を対象に行われるもので、感染予防、発病予防、重症化予防、感染症のまん延予防などを目的としています。

 

予防接種の種類(定期接種と任意接種)

予防接種には、予防接種法に基づいて行われる「定期接種」と、予防接種法には基づかず本人及び保護者の希望によって行われる「任意接種」があります。

◆定期接種

百日せき、ジフテリア、破傷風、ポリオ(急性灰白髄炎)、麻しん(はしか)、

風しん、日本脳炎、結核(BCG)、インフルエンザ菌b型(Hib,ヒブ)、

小児用肺炎球菌、ヒトパピローマウイルス※1、水痘※2、インフルエンザ、高齢者用肺炎球菌※3

◆任意接種

おたふくかぜ、水痘、B型肝炎、ロタウイルス等

※1ヒトパピローマウイルスの予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)については、平成25年6月14日から積極的勧奨を差し控えています。
ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種に関する情報(厚労省)外部サイト


※2水痘は、平成26年10月1日から定期接種の対象となりました。
水痘に関するQ&A(厚労省)外部サイト

※3高齢者の肺炎球菌感染症は、平成26年10月1日から定期接種の対象となりました。
肺炎球菌感染症(高齢者)に関するQ&A(厚労省)外部サイト

 

日本の小児における予防接種スケジュール(国立感染症研究所感染症情報センター)外部サイト

 

 定期接種は市町村が実施しますので、詳しくはお住まいの市町村にお問い合せください。

 

ワクチンの種類

 生ワクチン

生きたウイルスや細菌を弱毒化したもの。自然感染に近い免疫が得られ、長期にわたる効果が期待できる。

ポリオ、MR(麻しん・風しん)、麻しん、風しん、BCG、おたふくかぜ、水痘、黄熱等

不活化ワクチン

ウイルスや細菌を加熱やホルマリン等の薬剤で不活化したもの。基礎免疫として2回以上の接種と数年ごとの追加接種が必要。

日本脳炎、インフルエンザ、DPT、4種混合、肺炎球菌、b型インフルエンザ菌(Hib)、狂犬病、B型肝炎、A型肝炎、子宮頸がん等

トキソイド 

病原体の産生する毒素を不活化したもの。基礎免疫として2回以上の接種と数年ごとの追加接種が必要。

DT、ジフテリア、破傷風等

 

リンク

厚生労働省ホームページ(予防接種情報)外部サイト

国立感染症研究所感染症疫学センター(予防接種情報)外部サイト

厚生労働省検疫所ホームページ(海外渡航のためのワクチン)外部サイト