ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「子ども参観日」を実施しませんか?


  「子ども参観日」は、学校で実施される「授業参観日」とは逆に、夏休みなど学校の休業日を利用して、子どもたちが自分の保護者等の職場や働く姿を見学する取組です。
 県では、企業におけるワーク・ライフ・バランスの取組を促進するため、子どもたちの勤労観、職業観を育み、家庭での親子のコミュニケーションや絆を深められる「子ども参観日」の実施を県内企業等に推進しています。


子どもたちは次のような体験をします

  たとえば・・・ 
   ・親子で一緒に通勤、出社
   ・お父さん・お母さんの職場を見学
   ・お父さん・お母さんの上司や同僚と名刺交換体験
   ・書類のコピーなど、簡単な作業をお手伝い       など


子ども参観日を実施するメリット

  ・子どもが働く親の姿を見ることで、家庭での会話が増え、親の仕事に対して家庭での理解が深まります。
  ・家族に支えられて仕事がしやすくなれば、モチベーションがアップし、会社の生産性の向上につながります。
  ・企業と地域の絆を深めることで社会貢献になり、また、企業のイメージアップにつながります。
  ・子どもにとって家と職場で違う親の表情をみることは、"大きな学び"になり、職業観醸成の第一歩になります。
  

  →くわしくはこちらのリーフレットをご覧ください(PDF:518kb)

  →「子ども参観日」の実施マニュアルはこちら(PDF:264kb)

 

県内企業等における「子ども参観日」の実施状況


  ・県庁・県警察本部で実施しました[平成26年8月22日]

  ・ 丸平建設 株式会社(岐阜県子育て支援エクセレント企業)で実施しました[平成26年8月22日]
  
  ・ 県庁・県警察本部で実施しました[平成25年8月29日]

  ・ 有限会社 アース・クリエイト(岐阜県子育て支援エクセレント企業)で実施しました[平成25年8月27日]

  ・ 愛岐サッシ工業 株式会社(岐阜県子育て支援企業)で実施しました[平成25年8月13日]

  ・ 株式会社 市川工務店で実施しました[平成25年8月6日]


  ・ 株式会社 市川工務店で実施しました[平成24年8月2日]

  ・ 株式会社 岩田製作所(岐阜県子育て支援企業)で実施しました[平成23年8月6日]

  ・ 県庁で実施しました[平成23年8月3日]