ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

プラザだより平成25年12月

 このページでは、男女共同参画プラザで開催する各種講座や催しに関する情報、
「男女共同参画」に関する各種情報などを随時掲載していきます。

平成25年12月26日

「第9回おしゃべりスクウェア」のご案内

 

テーマ【お・り・が・みDEお・も・て・な・し】
日時平成26年1月25日(土)13:30〜15:30
会場男女共同参画プラザ会議スペース
ゲスト折り紙作家米光富雄氏

 

折り紙の効果をご存知ですか?
折り紙をすることで、脳の効果的なトレーニングができます。
手や指を動かすことで脳に刺激を与え、活性化することで、
脳の発達や老化防止が期待できるのだそうです。
折り紙は、集中力を養い、ストレスを軽減するなど嬉しい効果だらけ。

 玄関や神棚に飾ったり、家族や友人とのティータイムではお茶菓子に添えたり...
おりがみを使っておもてなしを楽しんでみてください。
折り紙で会話もはずむかも♪♪♪

 おしゃべりスクウェアへのご参加をお待ちしています。
お申込み等、詳しくはこちら(365KB)

 

 

平成25年12月25日

第4回男女共同参画講座「出来る男と女の家事講座」を開催しました

 12月20日(金)ふれあい福寿会館にて、ハウスキーピング協会講師の高原智子氏をお迎えして、
男女共同参画講座を実施しました。
「出来る男と女の家事講座〜家事ってこんなに簡単!片付くって気持ちがいい!〜」をテーマとして、
お話をお聞きしました。

高原氏

 

 


講師:高原智子氏

 

 はじめに「整理収納で仕事も家庭も効率アップしましょう。」と、まずは「整理整頓」ではなく「整理収納」について
お話しされました。
整理収納レベルチェックテストで自分(家族)を4つのタイプに診断し、タイプ別の対策を教えていただきました。
今までこの診断をしてきた結果、全体の60%が「多すぎる物と闘う整理苦手症候群タイプ」だったそうです。
多すぎる物が原因で片づけられなくなっていることがわかりました。

 次に、整理収納が出来ると「時間的効果」、「経済的効果」、「精神的効果」で毎日心地よい空間で快適に
生活することができるようになるなど、整理収納をするといいことがたくさんあると事例をお話しいただきました。
整理収納は生活の3本柱である衣・食・住に繋がります。食生活の舞台になる食卓も整え、食育に取り組みやす
い環境づくりは、子育てにおいて大変重要なことであることを教えていただきました。

高原氏2 高原氏講座風景1講座の様子

 

 最後に整理収納の手順を教えていただきました。
整理収納の手順は、1:減らす2:分ける3:収めるです。

 1:減らす
「いつか使うかも」「高かったから」「頂き物だから」「思い出だから」「まだ使えるから」という思考が減らすこと
の邪魔をします。1年以内に1度でも使ったか、使ってないかや今使っているか、使っていないかなどの基準
を作ることが必要。

 2:分ける
使用目的や頻度によって、使う時期、使う場所などでわける。

 3:収める
行動動線、横の動き(いつも使う物)、縦の動き(使う頻度の少ないもの)を意識してみる。

 などの具体的な進め方をお聞きしました。

 このように家族みんなの気持ちいい空間づくりは、男女を問わず家族みんなが家事のしやすい環境や、
整理収納から学ぶ思考で子どもの学力アップなどにつながっていくのだと教えていただきました。
また、自身の人生のために限られた時間を有効に使いましょうとお話しいただきました。

 年末の大掃除に向け、参加者の皆さんと有意義な時間を過ごしました。

 男女共同参画講座は、今年度あと2回実施する予定です。

 ぜひご参加ください。詳しくはこちら

 

 

 平成25年12月18日

第3回男女共同参画講座「イキイキステップアップ講演会と交流会」を開催しました。

 
12月15日(日)揖斐川町中央公民館で、講師に経営コンサルタントの澤芳美氏をお迎えして、男女共同
参画講座を実施しました。
「イキイキステップアップ講演会と交流会〜女性の視点を活かしたまちづくり事例〜」をテーマとして、お話し
をお聞きしました。

澤芳氏

講師:澤芳美氏

 

まずはじめに、男女共同参画を推進していくためには、「複眼思考」を
身につけることが大切であるとお話しされました。
物事を客観的に捉えることが大切であり、同じものを違った視点で見る
習慣を身につけることで、視野がぐっと広がるのだと教えていただきま
した。

 
次に、女性の視点を活かしたまちづくり事例についてお話しいただきました。
農山漁村男女共同参画推進協議会が主催する農山漁村女性・シニア活動表彰(女性起業・経営参画部門)
において、平成24年度に最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞した「開聞農産物販売所「おふくろの里」」(鹿児
島県指宿市)についてご紹介いただきました。
このグループが成功した要因として、「食べ方の提案」「交流イベントの開催」「後継者の育成」「販路の拡大」
等を挙げられるとともに、そうした中で女性の視点の重要性についてお話しいただきました。

 

澤芳氏風景1 澤芳氏風景2澤芳氏風景3

 

最後には、グループワークを行い、参加者同士で講座の感想や、地域での活動について話し合いました。
それぞれのグループで活発に話し合いが行われており、講座終了後も多くの方が会場に残り、参加者同士で
の交流を楽しんでいらっしゃいました。

 男女共同参画講座は、今年度あと3回実施する予定です。
ぜひご参加ください。詳しくはこちら

 

 

平成25年12月9日

【ぷらざ新聞NO.12】発行しました。

 ジングルベール♪ジングルベール♪♪♪
あちらこちらでクリスマスソングが流れていたり、
イルミネーションが目立ってきました。
明るく、にぎやかな町並みは、気持ちがワクワクします。

 さて、クリスマスが来るとすぐに年末です。
新しい年を迎える準備をされる方が多いのでは?
「あー大掃除、大変だわ...」と思われている方に朗報です。
今月のおしゃべりスクウェアは、岐阜県初のライフオーガナイザー
竹内靖子先生をお迎えし、「大掃除前にお片付け〜年末はらっくらく♪」
をテーマに、お片付けのステップについて、お話を伺います。

この機会にお片付けの仕組みを知り、暮らしやすいお部屋作りに役立てましょう。
ぜひ、ご参加ください。

 

 詳しくは【ぷらざ新聞NO.12】(917KB)にてご案内していますので、ご覧ください。

 「第8回おしゃべりスクウェア」チラシはこちら(331KB)

 

 

平成25年12月6日

〜みんなでつくる明日の地域〜「男女共同参画フォーラム2013」を開催しました。

11月15日(金)に羽島市文化センターにて、「みんなでつくる明日の地域」をテーマに、「男女
共同参画フォーラム2013」を開催し、約150人の方にご参加いただきました。

 第1部は、「今でしょ、男女共同参画〜おもしろくなる明日の地域へ〜」をテーマに、NPO法人
参画プラネット代表理事の渋谷典子氏をお迎えし、講演会を行いました。
「男女共同参画というと、女性の問題だと思われがちだが、実は男性の問題でもある」「社会の
問題を解決するときは、男女共同参画の視点を持つことが重要」とお話しいただきました。

渋谷氏
 

講師:渋谷典子氏

 

 

 第2部は、「あつまってつながって安心、元気なまちはここから」をテーマにパネルディスカッショ
ンを行い、地域防災や子育て、観光交流、地域活性化、高齢社会といったテーマに取り組んで
いらっしゃる、5つの地域の団体の方に、男女共同参画の視点も交えながら普段の活動紹介や
現在感じている課題、今後の展望などをお話しいただきました。

 渋谷氏風景1

 向かって左から
小柳清勝氏、坂田田寿子氏、伊藤知子氏、
横山太一氏、度会さち子氏、渋谷典子氏

 フォーラム風景1

 

 団体の活動紹介コーナー

 

男女共同参画プラザには、DVに関する図書や、関係機関のリーフレット、相談窓口カードも
各種置いてあります。また、その他、県内各地での講演・講座の情報や他県の男女共同参画
に関する情報も提供しています。みなさまのお越しをお待ちしています。

 

「男女共同参画講座」詳細はこちら