ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

プラザだより平成24年11月

 平成24年11月29日

「第1回おしゃべりスクウェア」のご案内

 「おしゃべりスクウェア」は、家族、子育て人づきあい、仕事などについて日ごろ感じていることや
悩みごとなどを参加者同士で一緒に話し合い、交流・情報交換ができる場所です。
下記のとおり、開催しますのでぜひご参加ください!(どなたでも参加することができます。)

 日時12月1日(土)13:30〜15:30
会場男女共同参画プラザ会議スペース
(ふれあい福寿会館第1棟2階)
ゲスト折り紙作家米光富雄氏

 
お互いに語り合い、一緒に新しい可能性を切り開いていきましょう!


 おしゃべりスクウェアのお申込みなど、詳しくはこちら(180KB)

 

 

平成24年11月28日

男女共同参画講座第4回を終えて

 11月9日(金)に、遠矢家永子(とおやかえこ)氏【高槻市NPO法人SEAN副理事長・事務局長】
をお迎えし、男女共同参画講座第4回を開催しました。
テーマは「生きがい工房」居場所&役割づくりの取り組みでした。

 まず、NPO法人SEANの主催事業の多様さに驚きました!オリジナル教材の作成や出前授業、子
育て・家事支援などなど...。その中でも今回は、行政や他団体と協働して行う新しい公共事業「生きが
い工房」への取り組みについて紹介していただきました。
現在、1人世帯が最多である、とのお話から講座がはじまりました。一人ひとりが孤立しないように「縁」
をつくる場所が必要となっています。「生きがい工房」では、曜日により「街かどデイハウス」として「高齢
者支援」機能、パソコン講座などの「教室」機能等を持っており、様々な活動を通して市民の居場所&
役割づくりの場となっています。遠矢氏は、「新しい公共事業」はこれまでにない事業であり、取り組み
の本当の成果が出るのは、5年後、10年後だと話されました。

◆講座終了後に、遠矢氏のご活動や、お考えについてお話を伺いました。
インタビューの内容はこちら(112KB)

男女共同参画講座は、今後もさまざまなテーマを取り上げて実施していきます。今年度中に、あと5回
実施予定です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 男女共同参画講座詳しくはこちら

 

 

男女共同参画講座第6回のご案内

 テーマ「ワーク・ライフ・バランス」実践術21世紀を生き抜くための"基礎知識"
日時12月4日(火曜日)13:30〜15:00

 講師渥美由喜氏(東レ経営研究所)

 「ワーク・ライフ・バランス=仕事と生活の調和」が実現した社会とは、誰もがやりがいや充実感を感じ
ながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、個人のライフスタイル
やライフサイクルに応じた多様な生き方や働き方が選択・実現できる社会のことです。
しかし、現実には仕事と子育て、介護などとの両立に悩みを抱えているケースが多くあります。
一人ひとりが望んだ生き方や働き方ができる社会にしていくためには、仕事と生活の調和が必要です。
今回の講座では「ワーク・ライフ・バランス実践術」をテーマにお話しいただきます。この機会に、仕事
と生活の調和のあり方を考えてみませんか?

 

講座お申込み等、詳細はこちら

 

 

男女共同参画講座第7回のご案内

 テーマ「男子草食化女子肉食化のススメ」なぜこうなったのか...どう解釈すればいいのか...
日時12月17日(月曜日)13:30〜15:00

 講師渡辺顕一郎氏(日本福祉大学)

 最近、「肉食化」・「草食化」という言葉をよく耳にします。
恋愛の面だけでなく、性格や行動にみられる変化について
「なぜこうなったのか...」「どう解釈すればいいのか...」など
一緒に考えてみませんか?

 講座のお申込み等、詳細はこちら

 


 

 平成24年11月17日

男女共同参画講座第3回を終えて

10月26日(金)に、片桐妙子氏(NPO法人手をつなぐ女たちの会理事長)をお迎えし、「DV
実際の支援の現場から」をテーマに男女共同参画講座第3回を開催しました。
「DVは特別なことではなく、すぐそこにあることです。」という片桐先生のお話から、講座が始まり
ました。
DV被害当事者の支援に携わる片桐先生のお話に、参加者のみなさんは熱心に耳を傾けていら
っしゃいました。講座終了後も、片桐先生とお話をしたい方が後を絶ちませんでした。

 身体的にも精神的にも傷ついたDV被害者に対する二次被害を防ぐためにも、私たち一人ひとり
が理解を深めていくことが大切だと、改めて感じました。

◆講座終了後に、片桐先生のご活動や、お考えについてお話をしました!
インタビューの内容はこちら(PDF:111KB)

男女共同参画講座は、今後もさまざまなテーマを取り上げて実施していきます。
今年度中に、あと7回実施予定です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 男女共同参画講座詳しくはこちら

 

 

平成24年11月12日

「女性に対する暴力をなくす運動」11月12日(月)〜11月25日(日)

内閣府では、毎年11月12日〜11月25日(女性に対する暴力撤廃国際日)の2週間を、
「女性に対する暴力をなくす運動」期間と位置付けています。
配偶者等からの暴力、性犯罪、売買春、セクシャル・ハラスメント、ストーカー行為等、
女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものです。
女性に対する暴力の根底には、女性の人権の軽視があることから、女性の人権尊重のため
の意識啓発や教育の充実を図っていくことが必要です。
暴力は、性別や間柄を問わず、決して許されるものではありません。
この運動期間をきっかけに、女性に対する暴力について考え、暴力のない社会づくりをすす
めていきましょう。


男女共同参画プラザでは、本運動期間中に「デートDV」についての講座を開催します。

◆男女共同参画講座(第5回)のご案内

テーマ「デートDVってどんなこと」
日時平成24年11月18日(日)13:30〜15:00
場所男女共同参画プラザ研修室(ふれあい福寿会館第2棟3階)
講師広瀬直美氏(あゆみだした女性の会代表)

 ドメスティック・バイオレンス(DV)は、配偶者間や恋人などの親密な関係にある人、または
あった人からの暴力のことです。特に恋人間の暴力のことを、「デートDV」といいます。DVは
大人だけではなく、若い恋人たちの間でも起きています。
DVは、年齢や結婚の有無に関係なく起きるものです。自分に関係ないこととは思わず、DVと
はどういうものか、どうして暴力が起きてしまうのかを理解して、お互いに尊重し合える、すてき
な関係をつくっていくために、一度、考えてみませんか。

岐阜県ではDV防止啓発のための資料を作成しています!
・一般向け小冊子「ひとりで悩まないで」(4.38MB)
・若年層向けリーフレット「考えよう女と男のパートナーシップ」(1.06MB)

講座申込み方法など、詳細はこちら


 



平成24年11月5日

男女共同参画講座第2回を終えて

 10月19日(金)に、訪問助産師の吉良光代氏(ひよこ助産所主宰)をお迎えして、
「私の《からだ》は私のもの」をテーマとして男女共同参画講座第2回を開催しました。

それぞれの年齢に応じた身体の悩みがあり、自分の身体に向き合うために、
ライフサイクルを知ることや、ライフプランを考えることの必要性など、
充実した人生を送るためのヒントを教えていただきました。
全ての年代の方にとって、とてもためになるお話でした。
自分自身の家族にも伝えていきたいと思います。

 ◆講座終了後、吉良先生にお仕事に関することやご自身のお考えなどについて、お話を伺いました!
インタビューの内容はこちら(PDF:147KB)

 男女共同参画講座は、今後もさまざまなテーマを取り上げて実施していきます。
今年度中に、あと7回実施予定です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 男女共同参画講座詳しくはこちら


 

男女共同参画講座4回のご案内

 テーマ「生きがい工房」居場所&役割づくりの取り組み

 日時11月9日(金曜日)13:30〜15:00

 講師遠矢家永子氏(高槻市NPO法人SEAN)

 「新しい公共」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「新しい公共」とは、「官」だけではなく、市民の参加・選択によって、NPOや企業等が
積極的に公共的な財・サービスの提案及び提供主体となり、医療・福祉、教育、子育て、
まちづくり等の身近な分野において共助の精神で行う仕組み、体制、活動のことを
いいます。
「新しい公共」が作り出す社会は、「支え合い」と「活気」がある社会です。
すべての人に居場所と出番があり、一人ひとりが人の役に立つことの喜びを大切に
しています。

 今回の講座では、「新しい公共」事業としてオープンした、「生きがい工房」という
取り組みについてお話をお聞きします。

 みなさまのご参加をお待ちしています。

 
申込方法など、詳細はこちら