ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

プラザだより平成24年10月

 
平成24年10月5日

男女共同参画講座第1回目を終えて

  いよいよ、男女共同参画講座が始まりました。第1回目は、萩原なつ子氏(立教大学教授)を講師に
お迎えし「男女共同参画この10年」をテーマにお話しいただきました。募集予定を上回る多くの方の参
加をいただいて、盛況のうちに開催することができました。

 「男女共同参画」とは、機会や生き方の可能性が男女平等であることであり、またその達成に向けてお
互いに協力していくことが大事であるのだと、改めて感じました。
歌や笑いもあり、萩原先生ご自身の経験なども交えた、とても楽しくわかりやすいお話でした。話に引き
付けられ、あっという間に1時間半が過ぎてしまいました。

 男女共同参画講座は、今後もさまざまなテーマを取り上げて実施していきます。今年度中に、あと9回
実施予定です。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。


 詳しくはこちら
 

男女共同参画講座第3回のご案内

 テーマDV実際の支援の現場から

DVは特別なことではなくすぐそこにある問題
 

日時10月26日(金曜日)13:30〜15:00

講師片桐妙子氏(NPO法人手をつなぐおんなたちの会)

 DVは、人権を著しく侵害する重大な問題です。男女が社会のパートナーとして、様々な分野で
活躍するためにはあってはならないことです。
 

 DVは「特別なこと」、「自分には関係のないこと」と思っている人が多いかもしれません。しかし、
内閣府の調査によると、配偶者からの被害経験について「あった」と回答した人が26.2%。女性
のみでその割合をみると32.9%となり、3人に1人の女性が被害経験があると答えています。
この機会に、身近な問題としてもう一度考えてみませんか?

参考:男女間における暴力に関する調査(平成23年度調査)はこちら(内閣府男女共同参画局)(外部サイト)


 岐阜県では、DV防止啓発のための資料を作成しています!
一般向け小冊子「ひとりで悩まないで」(4.37MB)
若年層向けリーフレット「考えよう女と男のパートナーシップ」(106MB)

 

 講座の申し込み等、詳細はこちら