ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

C型肝炎特別措置法に基づく給付金受給のために必要な提訴期限等について

1994年頃までに、妊娠中や出産時の大量出血、手術での大量出血をした方の中には、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)の投与を受けたことにより、C型肝炎ウイルスに感染した方がいらっしゃいます。現在、この血液製剤の投与による感染被害者の方に対し、「C型肝炎特別措置法(※)」に基づき給付金の支給がおこなわれていますが、給付金の支給を受けるには、平成30年1月15日までに国に対して訴訟の提起をしなければなりません。

出産や手術での大量出血の際に、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用された方、身に覚えのある方、もしやと思う方は、まずはウイルス検査を受けましょう。

 

※特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法

 

また、厚生労働省の研究班では、裁判において、C型肝炎ウイルス感染と特定の血液製剤投与の因果関係を立証する際に使用すると考えられる診療録(カルテ)等を、感染者が医療機関に請求する場合の資料を作成しており、希望される方を対象に配布しています。希望される方は、下記「お知らせいただきたい内容」を明記の上、封書にてご請求ください。なお、資料代及び返信の際の送料は無料です。

 

ご請求先:

〒856-8562

長崎県大村市久原2丁目1001-1

国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター調査係

※封筒には「資料請求」とのみ朱書してください。

※資料のご請求期限は平成29年11月30日までです。

 

お知らせいただきたい内容:

1.お名前

2.ご住所

3.輸血・血液製剤投与を受けられた医療機関のある都道府県名

 

詳しくは、以下のリンク先をご確認ください。

政府広報オンライン:http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201207/1.html(外部サイト)

厚生労働省ホームページ:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150855.html(外部サイト)

 

お問い合わせ先

◎厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口

フリーダイヤル:0120-509-002

受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)