ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

小さなお子さんのいるお母さんたちへお願い

 時間外診療小児科医師が疲れ切っています。
このままでは、この地域に小児科医がいなくなるかもしれません。
 本当に救急で受診する必要なお子さんは10%未満ともいわれています。

 お子さんのちょっとした体調の変化に対するお母さん方の判断は大切です。
 お母さん方の適切な判断安易な小児救急の利用を減らし、本当に治療を必要とするお子さんが病院で適切な治療を受けられるよう、皆様のお力で地域の小児救急医療を守っていただきますよう、ご協力をお願いします。

 もちろん、心配な症状の時は時間外でもすみやかに受診してください。

小児救急電話相談(#8000)

休日や夜間のお子様の急な病気やけがの際に、家庭での対処方法や医療機関を受診すべきかどうかについて、電話で専門の相談員に相談してただけます。

 ◆電話番号
 携帯電話、固定電話のプッシュホン回線は局番なしの「#8000」
 その他の電話は 「058―240―4199」

 ◆相談受付時間
 月から金(18:00から翌朝8:00)
土日・祝日(8:00から翌朝8:00)(24時間)

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 

関連コンテンツ

こどもの急病ガイドブック(岐阜県医師会ホームページ(外部サイト)へ)

 生後1カ月から6歳くらいまでの乳幼児を対象としたガイドブックです。

 

地域救急医療情報情報センター案内(外部サイト)

 小児救急電話相談の相談時間にかかわらず、現在受診可能な救急医療機関をお探しの場合は、地域の消防本部が365日24時間体制で電話案内をいたしております。