ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

入試関連情報

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 

本校はこのような学生の入学を求めています

本校は、生命の尊厳と人間愛を基盤として、対象を思いやる豊かな人間性を育み、専門知識・技術を教授し、社会のニーズに応え得る能力を養い、

安全で安心な医療を担う専門職業人の育成をめざしています。

また、すべての県民の健康に対して等しく貢献しうる、助産師、看護師、歯科技工士、歯科衛生士を養成することを目的としています。

そこで、衛生専門学校は、次のような資質を有する学生を求めます。

 

1入学後の修学に必要な基礎学力を有している。

2生命の尊厳、倫理観を有している。

3医療に対する意欲や関心が高く、専門職業人になるべく目的意識と情熱を有している。

4自己啓発、自己学習、自己の健康増進を継続する意欲がある。

5豊かな人間性を有し、周囲の人と良好な関係を保つことができる。

6自分の考えや行動に責任を持ち、それを相手に明確に示すことができる。

 

平成30年度特別入学試験

試験日時:平成29年11月8日(水曜日)午前9時30分から午後3時頃(面接時間含む)まで

試験場所:岐阜県立衛生専門学校

学科名 受験資格※すべての要件を満たしていること
助産学科 【一般】

1.岐阜県内の看護師学校養成所を平成30年3月に卒業見込みの女子で、学校長が推薦する者。

 もしくは岐阜県内で保健師・看護師として就業している女子で、助産師をめざして自己推薦できる者

2.学習成績が良好な者

3.助産師としての適性が認められる者

4.合格した場合は、必ず入学できる者

5.卒業後、岐阜県内に看護職として就業する強い意志を有する者

【社会人】

1.岐阜県内の産科医療機関等で保健師・看護師として3年以上就業している女子で、施設長が推薦する者

2.勤務態度が良好な者

3.助産師としての適性が認められる者

4.合格した場合は、必ず入学できる者

5.卒業後、岐阜県内に看護職として就業する強い意志を有する者

一般・社会人の願書等はこちらからダウンロードできます。

第一看護学科

1.岐阜県内の高等学校を平成30年3月に卒業見込みで、学校長が推薦する者

2.学習成績が良好な者

3.看護師としての適性が認められる者

4.合格した場合は、必ず入学できる者

5.卒業後、岐阜県内に看護職として就業する強い意志を有する者

第二看護学科

【指定校推薦】

1.本校が指定する高等学校衛生看護科、県内の准看護師養成所(高等学校・中等教育学校を卒業若しくは高等学校卒業程度認定試験に合格した者)を平成30年3月に卒業見込み(いずれも准看護師の免許を平成30年3月までに取得見込み)の者で、学校長が推薦する者

2.平成29年4月1日以前から引き続いて岐阜県内に住所を有している者

3.学習成績が良好な者

4.看護師としての適性が認められる者

5.合格した場合は、必ず入学できる者

6.卒業後、岐阜県内に看護職として就業する強い意志を有するもの

【公募】

1.県内の高等学校衛生看護科、または高等学校・中等教育学校を卒業若しくは高等学校卒業程度認定試験に合格し、県内の准看護師養成所を平成30年3月に卒業見込み(いずれも准看護師免許を平成30年3月までに取得見込み)の者

2.平成29年4月1日以前から引き続いて岐阜県内に住所を有している者

3..看護の学習に意欲のある者

4.合格した場合は、必ず入学できる者

5.卒業後、岐阜県内に看護職として就業する強い意志を有するもの

公募の願書等はこちらからダウンロードできます。

歯科技工学科 【一般】

1.岐阜県内の高等学校を平成30年3月に卒業見込みで、学校長が推薦する者

2.学習成績が良好な者

3.歯科技工士としての適性が認められる者

4.合格した場合は、必ず入学できる者

5.卒業後、岐阜県内に歯科技工士として就業する強い意志を有するもの

【社会人】

1.高等学校又は中等教育学校等を卒業した者、若しくは高等学校卒業程度認定試験に合格した者等で、学習意欲が高い者

2.合格した場合は、必ず入学できる者

3.卒業後、岐阜県内に歯科技工士として就業する強い意志を有するもの

 社会人の願書等はこちらからダウンロードできます。

歯科衛生学科

【一般】

1.岐阜県内の高等学校を平成30年3月に卒業見込みで、学校長が推薦する者

2.学習成績が良好な者

3.歯科衛生士としての適性が認められる者

4.合格した場合は、必ず入学できる者

5.卒業後、岐阜県内に歯科衛生士として就業する強い意志を有するもの

【社会人】

1.高等学校又は中等教育学校等を卒業した者、若しくは高等学校卒業程度認定試験に合格した者等で、学習意欲が高い者

2.平成29年4月1日以前から引き続いて岐阜県内に住所を有している者

3.合格した場合は、必ず入学できる者

4.卒業後、岐阜県内に歯科衛生士として就業する強い意志を有するもの

社会人の願書等はこちらからダウンロードできます。

※助産学科【一般】・第一看護学科・第二看護学科【指定校推薦】・歯科技工学科【一般】・歯科衛生学科【一般】の特別入学試験の募集要項については、岐阜県内在学中の方は在学先学校長の推薦が必要となることから各学校、または本校総務課までお問い合わせください。

 

平成30年度一般入学試験

一般入学試験の受験を希望される方はこちらをご覧ください。

試験日時:平成30年1月18日(木曜日)[助産学科は18日(木曜日)、19日(金曜日)]午前9時30分から午後4時頃(面接時間含む)まで

試験場所:岐阜県立衛生専門学校

 

平成30年度学校案内及び平成30年度一般入試募集要項・願書等(リンクされています)