ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

世界農業遺産国際シンポジウムを開催!

2018年01月25日(木曜日)

パネルディスカッションの様子 「清流長良川の恵みの逸品」と「未来につなげる『能登』の逸品」を試食する参加者

世界農業遺産に「清流長良川の鮎」が認定されている岐阜県と、「能登の里山里海」が認定されている石川県とが連携して国際シンポジウムを開催し、約300人が参加しました。
農業遺産を生かした観光振興のパネルディスカッションでは、長良川温泉若女将会の伊藤知子会長など4人のパネラーが、地域資源をどのように伝えていくか、ディスカッションしました。
また、岐阜、石川両県から自慢の逸品の試食も行われ、それぞれの魅力を発信する機会となりました。


関連するホームページ

世界農業遺産国際シンポジウム


問い合わせ先

里川振興課

TEL:058-272-8455(直通)/FAX:058-278-2695、c11428@pref.gifu.lg.jp


前の記事 次の記事