ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

旧岐阜県庁舎について

 
岐阜総合庁舎

 旧岐阜県庁舎は、岐阜市司町に大正13年に建設されてから約90年が経過し、この間、昭和41年までは岐阜県庁舎として、以後岐阜総合庁舎として県民の皆様に親しまれてきましたが、耐震性の問題から、平成25年3月31日をもって閉庁しました。
閉庁後は、建築当時の状態が良く保存されている建物の南側部分については保存(安全性確保のため、閉鎖中)し、残りの部分は解体しました。

 

 

旧岐阜県庁舎建築文化財調査の実施

 旧岐阜県庁舎は、現存する戦前の道府県庁舎24棟の中でも8番目に古く、かつ、鉄筋コンクリート造の官庁建築物としては、初期のものであり、また戦前、戦後に掛けて県庁舎であった経緯もあることから、「歴史的」「文化的」「技術的」「景観的」価値などの多方面な価値を有する貴重な建築物と言えます。
このため、建物の歴史的・文化的側面についての調査、建物の構造や意匠、履歴等の記録保存を行いました。

旧岐阜県庁舎建築文化財調査報告書

1.報告書(全文版)(18.5mb)

2.報告書(分割版)
表紙・目次(672.2kb)
第1章(1.38mb)
第2章―1(2.94mb)
第2章―2(2.16mb)
第3章―1(3.26mb)
第3章―2(2.76mb)
第3章―3(2.89mb)
第4章(1.01mb)
図版リスト(1.55mb)

※これらの情報については、著作権法上認められた場合を除き、岐阜県の許可無く無断で複製、転用することはできません。